仮想通貨取引所BitTrade(ビットトレード)を解説!基本情報や特徴まとめ

BitTrade(ビットトレード)は国内では取り扱いの少ないリップル(XRP)やモナコイン(MONA)といったアルトコインの取引ができることで人気の仮想通貨取引所です。

知名度はまだそれほど高くありませんが、初心者向けの仮想通貨取引所として女性をはじめ幅広い年齢層に支持されています。

そんな成長著しいビットトレードについて、取引所の基本情報や特徴などを詳しく見ていきましょう。

BitTrade(ビットトレード)の基本情報

参考:https://bittrade.co.jp/

 

ビットトレードの基本情報を見てみましょう。

会社名 ビットトレード株式会社
設立年月日 2016年9月12日
代表取締役社長 閏間 亮
資本金 3億1580万円(準備金を含む)
住所 〒108-0073 東京都港区三田2丁目11番15号三田川崎ビル4F
金融庁登録番号 (関東財務局)第00007号
公式サイト https://bittrade.co.jp/
公式ツイッター https://twitter.com/bittrade_info

 

設立は2016年で、その1年後には金融庁の認可を受けています。

現在、小島瑠璃子さんをイメージキャラクターとして起用しており、女性でも仮想通貨に興味を持ちやすく、親しみやすい企業イメージを作り上げています。

取り扱い通貨

取り扱い通貨は以下のとおりです。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • モナコイン(MONA)

日本で人気のリップルやモナコインを取り扱っているため、最近は口座開設する人が増えているようです。

BitTrade(ビットトレード)の主な機能

ビットトレードはどのような取引ができるのでしょうか?主な機能を紹介していきます。

取引所形式での取引

参考:https://app.bittrade.co.jp/app/trade

 

ビットトレードは「板取引」といって、取引所形式での取引ができる仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引所には、ビットトレードのように投資家同士で直接売買をする取引所形式と、仮想通貨取引所から仮想通貨を購入する販売所形式の2種類があります。

販売所はスプレッドといって売却価格と購入価格の差が生じ、それが手数料として上乗せされてしまうのですが、取引所形式はそれがありませんので、手数料が安くなります。

ビットトレードは、すべての取り扱い通貨で板取引ができるので、手数料がお得になります。 しかし、FX取引などはビットトレードでは行っていません。

あくまでも現物取引のみですので、その辺りは注意が必要です。

少額取引が可能

ビットトレードなら、0.0001 BTCから取引可能ですので、数百円もあれば取引ができてしまいます。 少額からビットコイン投資を始めたい人は、ビットトレードがおすすめです。

BitTrade(ビットトレード)の特徴

ビットトレードにはどのような特徴があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

FX業界の老舗が運営

ビットトレードは、FX業界では老舗である株式会社FXトレードフィナンシャルの関連会社です。

設立は2006年と歴史もあり、金融サービスのノウハウは熟知しているといえます。 FXトレードフィナンシャルでの知識を生かした、高機能のチャートや分析ツールがビットトレードの強みです。

セキュリティ対策が万全

ビットトレードは金融業界でも老舗の企業が関連会社ということもあって、セキュリティに力を入れている仮想通貨取引所でもあります。 以下のようなセキュリティ対策を行っています。

マルチシグネチャによる管理

複数人の署名によるホットウォレットとコールドウォレットでの管理体制を作り上げています。

スパム・ボット防止認証システムの導入

Googleが提供するスパム・ボット防止認証システムである「Invisible reCAPTCHA」を導入し安全な取引ができるようにしています。 金融業界で培ったセキュリティ対策への工夫が随所に見られます。

スプレッドが小さい

先ほどご紹介したとおり、ビットトレードは仮想通貨を板取引できる「取引所」ですので、スプレッドはほぼありません。 そのうえ、手数料も少なく魅力的です。

  • メイカーの手数料は最大で0.3%
  • テイカーの手数料は最大で0.7%

これは国内の仮想通貨取引所ではかなり安い法の部類に入ります。手数料やスプレッドを気にせず取引をしたい方にはおすすめです。

BitTrade(ビットトレード)のスマホアプリ

参考:https://bittrade.co.jp/bittrader/

 

ビットトレードには便利でサクサクと操作することができると評判のスマホアプリがあります。

取引画面を見てみると分かるとおり、黒地に白の文字がとても見やすく、チャートもわかりやすいです。

パソコンでのビットトレードの画面をそのままスマートフォンで使えるような便利さで、スムーズな取引ができます。

一日に何度も取引をすることが多いデイトレーダーの方はもちろん、いちいちパソコンを開かずに価格をチェックしたいという忙しい方にも最適なスマホアプリになっています。

まとめ

金融業界での実績もある企業が関連会社であるビットトレードは、名前こそあまり知られていないものの、人気になりつつある仮想通貨取引所です。

日本産の仮想通貨として知られるモナコイン(MONA)や、金融機関も注目しているリップル(XRP)といった話題のアルトコインがまとめて取引できるので便利です。

ビットコインをはじめ、主要なアルトコインを信頼できる仮想通貨取引所で取引したい、また手数料はなるべく安く抑えたいという方にはビットトレードがおすすめです。

▼仮想通貨取引所の解説記事一覧はこちら

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.