仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)を解説!基本情報や特徴まとめ

仮想通貨取引所としてそれほど知名度が高くないbitbank(ビットバンク)ですが、実は仮想通貨トレード上級者の方たちには、とても人気の取引所です。

アルトコインをよく取引するという方におすすめの取引所で、セキュリティ対策や手数料の安さに定評があります。

この記事では、そんなbitbank(ビットバンク)の基本情報や特徴などについて細かくご紹介していきます。

bitbank(ビットバンク)基本情報

ビットバンクの基本情報を見てみましょう。

会社名 ビットバンク株式会社
設立年月日 2014年5月
代表取締役社長 廣末紀之
資本金 11億3100万円(資本準備金含む)
住所 〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
金融庁登録番号 (関東財務局)第00004号
公式サイト https://bitbank.cc/
公式ツイッター https://twitter.com/bitbank_inc

 

ビットバンクは、ビットフライヤーやDMM.Bitcoinなどの取引所と比べると少しマイナーで、あまり知られていませんが、2014年に設立された比較的古い取引所です。

実は以下のような実績があります。

  • モナコインの取引高が世界1位
  • リップルの取引高が世界2位

取引量が多く世界で信頼されている仮想通貨取引所であることがわかります。

bitbank.ccとbitbank Tradeに分かれている

ビットバンクは、bitbank.ccとbitbank Tradeという2つの取引所があります。bitbank.ccは現物取引専用、bitbank Tradeは先物取引専用と覚えておきましょう。

取り扱い通貨

ビットバンクで取り扱っている通貨は以下のとおりです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインと5種類の主要なアルトコインが取引できます。

bitbank(ビットバンク)の主な機能

ビットバンクの主な機能についてご説明していきます。

取引所形式での取引

仮想通貨取引所には、「販売所」と「取引所」の2種類がありますが、ビットバンクは取引所形式で取引ができます。

販売所だと手数料が安くてもスプレッド手数料が取られてしまうため、購入した時点で含み損が発生してしまいます。

その点、取引所形式なら直接ユーザー間で取引をするため手数料が安いのです。取引できる通貨ペアをチェックしましょう。


通貨名 日本円 ビットコイン
ビットコイン BTC/JPY
リップル XRP/JPY
ライトコイン LTC/BTC
イーサリアム ETH/BTC
モナコイン MONA/JPY MONA/BTC
ビットコインキャッシュ BCH/JPY BCH/BTC

 

気になる手数料ですが、2017年10月16日10:00~2018年3月31日00:00の期間限定でキャンペーンを行っており、メイカー&テイカー手数料が今なら無料です。

こちらが実際の取引画面です。

本格的なトレードができ、上級者はもちろん初心者でもわかりやすい作りになっています。

BTCFX(ビットコインFX)ができる

ビットバンクではビットバンクトレードという先物取引専用の取引所があり、そこでビットコインFXができます。

参考:https://www.bitbanktrade.jp/howto/fx_trading

FXとは、「証拠金取引」といわれ、上の図のように上昇局面でも下落局面でも予想が当たれば利益を出すことができる取引方法です。

レバレッジの倍率によって、大きな資金を動かすことができるため、少ない資金から始められる取引として人気です。

ビットバンクのレバレッジは追証なしの最大20倍までです。

追証とは、証拠金にある程度の損失が出てしまったときに追加で証拠金を入れないといけない制度なのですが、ビットバンクはそれがないため、証拠金以上の損失が出ることはありません。

また、レバレッジ最大20倍というのは、国内でも最高クラスです。10万円で200万円分のビットコインを動かすことができるという計算になります。

bitbank(ビットバンク)の特徴

ビットバンクには次のような特徴があります。

セキュリティ対策が万全

仮想通貨といえば、ハッキングの被害にあって盗難されたとニュースで騒がれることが多く、不安に思う人も多いですよね。

仮想通貨取引所を選ぶ際に、一番重要になるのがセキュリティの問題です。

ビットバンクは、セキュリティの面でしっかりと対策をしている取引所の一つで、以下のような取り組みをしています。

100%コールドウォレット

仮想通貨のウォレットにはオンラインで管理するホットウォレットと、オフラインで管理するコールドウォレットがあります。

ハッキングの被害にあって盗難されているのは、多くがホットウォレットとして管理している仮想通貨です。

そのことに着目し、ビットバンクでは取り扱い通貨すべてをコールドウォレットで管理することでセキュリティ対策を行っています。

マルチシグネチャに対応(一部を除く)

マルチシグネチャとは、複数の秘密鍵を分散して管理し、いくつかの署名がないと開けない仕組みのことです。

そのため、1つの端末をハッキングされたとしても、ウォレットの中のコインが盗難されにくいというメリットがあります。

この、マルチシグネチャにはイーサリアムを除くすべての取り扱い通貨が対応しています。ビットコインについては、ホットウォレットでもマルチシグネチャに対応していますので、安全に管理することができます。

ビットコインセキュリティ専門企業のBitGoと提携

仮想通貨の利便性のことを考え、ホットウォレットで管理したいという人のために、ビットバンクではホットウォレットでも安全に管理できる工夫をしています。

ビットコインセキュリティ専門企業である「BitGo」と提携し、秘密鍵を分散させています。ビットバンクとBitGoの2社で電子署名をし、ビットコインを安全に引き出すことを目的とし、安定したサービスを提供しています。

チャートが見やすい

ビットバンクは高機能なテクニカルツールとして有名な「TradingView」を採用しています。

100種類以上に及ぶテクニカル分析とカスタマイズができるところが魅力で、中上級者の方に人気です。

初心者の方も、ほかの人が作ったインジケーターを使うことができる機能があるので、簡単に扱うことができます。

「仮想通貨を貸して増やす」サービスがある

最近は、仮想通貨を個人で運用しようとしても極端に増やすのは難しくなってきました。

ビットバンクには「仮想通貨を貸して増やす」というサービスがあります。これは、ビットバンクの口座を持っている方がビットバンクに1年間仮想通貨を貸し、1年後に利用料(手数料)と一緒に元本を返してもらうというものです。

利用料は3~5%。貸している間は自由に使うことができませんので、長期保有しようと考えている仮想通貨を使用しましょう。

現在、ビットコインのみ対応していますが、いずれはビットバンクで取り扱っているすべての通貨に対応するようになるということで、今注目されているサービスです。

bitbank(ビットバンク)スマホアプリについて

ビットバンクのスマホアプリは使いやすいと好評です。チャートは細かいところもチェックすることができ、画面も見やすいのが特徴です。軽くサクサク動くところも魅力的ですね。

アプリを使った取引所形式での取引もできるので、トレードの際にわざわざパソコンを開かなくていいというところもメリットです。

まとめ

ビットバンクは、ビットフライヤーなどと比べるとまだ知名度は高くありませんが、中上級者の方たちの間では支持されている取引所です。

リップルは時価総額第3位と人気のアルトコインですが、手数料無料の指値注文ができるのは国内ではビットバンクだけということで、じわじわと人気が出始めています。

また、ビットバンクトレードではビットコインFXもでき、レバレッジも20倍とウリもたくさんあります。

これからの成長が楽しみな取引所といえそうです。

▼口座開設はこちら

bitbank

▼仮想通貨取引所の解説記事一覧はこちら

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.