仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)を解説!基本情報や特徴まとめ

仮想通貨を始めよう!と考えたことがある方であれば全員は聞いたことがあるほど、仮想通貨業界での最大手であるビットフライヤー。

現在、顧客数は200万口座を突破しています。これは国内の仮想通貨取引所でも最大であり、他社の追随を許さない状況です。

この記事では、そんなビットフライヤーの特徴や大手独自のサービス等を紹介していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

会社名 株式会社bitFlyer
設立年月日 2014年1月9日
代表取締役社長 鈴木 信義
資本金 41億238万円(資本準備金含む)
株主 株式会社bitFlyer Holdings
住所 東京港区赤坂9-7-1
ミッドタウンタワー
金融庁登録番号 (関東財務局)第00003号
公式サイト https://bitflyer.com/ja-jp/company

 

国内最大手の仮想通貨取引所なだけあって、資本金も41億円と非常に多く積んでいます。

SBIバーチャル・カレンシーズが19億円であることを考えると、倍以上の資本金になっているため、その資本力の大きさが際立ちます。

創業者である加納氏は現在、ホールディングスの方でマネジメント業務を行っているので、代表取締役が鈴木信義さんとなっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の主な機能

ビットフライヤーは2014年から仮想通貨交換業を運営しているだけあって、様々なサービスが展開されています。主な機能は以下のとおりです。

  • ビットコイン現物取引
  • ビットコインFX取引
  • ビットコイン販売所
  • アルトコイン販売所

の4機能です。それぞれの機能についてご紹介します。

ビットコイン(BTC)現物取引

取引所に関してはビットコインのみ取り扱っており、他のアルトコインは販売所で販売されています。 こちらがビットコイン現物取引画面です。

左に歩値が出され、真ん中に取引板、そして一番右側にチャートがあり、一画面で見たいものが全て見られる画面設計になっており、初心者には分かりやすい画面となっています。

また、ボタン一つ一つ丁寧に言葉が記載されており、例えば「コインを売る」や「コインを買う」というように、初心者にとっては非常に使いやすい画面となっています。

ビットコイン(BTC)販売所

次に、ビットコイン販売所はこちらです。

販売所画面では単純に価格が提示されており、数量を指定して買うか売るかを選択するだけの非常に分かりやすいUI/UXとなっています。

スプレッド幅はやや広めになっていますが、必ず決まった数量がいますぐ欲しい!という方にとってはありがたい機能です。

ビットコイン(BTC)FX取引

次にビットコインFX取引ですが、こちらはbitFlyer Lightningというサービス名で提供されています。

こちらはプロ向け仕様の画面となっており、一つ一つの画面は小さくなってしまっていますが、一画面で必要な情報を全て確認することが出来るようになっています。

モニター等PCとは別の画面に繋げて大画面で確認する方が良いかと思われます。

レバレッジに関しては以下のとおり、

1倍、2倍、3倍、5倍、10倍、15倍の6種類用意されており、ハイレバレッジで取引したい方だけでなく、現物は持ちたくないけどビットコイン取引をしたい方など幅広い客層に対応しています。

プロ向け画面なだけあって、注文方式にも豊富な機能を取り揃えています。

シンプルな指値・成行注文だけでなく、IFD※1やOCO※2、そしてIFDOCO※3の注文も出すことが出来ます。

※1 IFD:新規注文と同時に、その新規注文が成立した際に初めて有効になる決済注文をセットで出すことができる注文方法です。 例えば「BTCを〇〇円で買った後〇〇円で売る」という注文が出せます。
※2 OCO:新規注文を2つ出すことが出来、どちらか一方は約定したらもう一方を自動でキャンセルしてくれる機能です。
※3 IFDOCO:IFDとOCOを複合的に使う注文方式で、新規注文とその注文が約定したあと2つの異なる種類の注文を出し、そのどちらか一方が約定した場合にもう一方をキャンセルする方式です。

アルトコイン販売所

ビットフライヤーではアルトコインも販売がなされており、銘柄は以下の6つです。

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

アルトコインの中でも人気の銘柄を取り揃えており、リスクやモナコインに関してはビットフライヤーとコインチェック、ザイフでしか購入することが出来ないので日本国内においては貴重な販売所と言えます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

国内最大手の仮想通貨取引所なだけあって、他の取引所ではない他社との連携されたサービスがあります。

こちらは、取引所画面左側の「ビットコインをつかう」をクリックして頂くと確認することが出来ます。

ビットフライヤーではビックカメラや電子書籍サービスと提携しているため、ビックカメラで実際にビットコインで家電製品を購入することが出来たり、電子書籍サービスを利用したりすることが出来るようになっています。

ビットコインが決済通貨として国内で実際に利用されている初めての事例であって、大手にしかできないサービスです。

また、自社のアフィリエイトではなく他社のアフィリエイトを提供している点も他の取引所にはないサービスです。

例えばクレジットカードをビットフライヤー経由で作成した場合に、3000円分の仮想通貨を貰うことが出来ます。

また、ふるさと納税をすることが出来たり、旅行の予約が出来たりしますので、興味のある方は是非試しにアフィリエイトを行ってみてください。

まとめ

今回はビットフライヤーの基本情報から特徴までご説明しました。

やはり、最大手の仮想通貨取引所なだけあって、サービスは充実しています。

会社の運営体制がしっかりしていることがうかがえ、仮想通貨交換業者として登録されて以来一度もハッキング被害等に遭ったことがないため、セキュリティ面でも安心して自己資産を預け入れられる数少ない取引所と言えます。

また、仮想通貨事業者協会の副理事はビットフライヤー創業者である加納氏が行っているため、今後の業界の方針にもビットフライヤーの意向が反映されていくことが考えられます。

今後はグローバルに活躍してくれることを期待しています。

※ビットフライヤーは現在、金融庁より業務改善命令を受けており、新規口座開設ができなくなっています。

▼仮想通貨取引所の解説記事一覧はこちら

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.