仮想通貨取引所BITPOINT(ビットポイント)を解説!基本情報や特徴まとめ

ビットポイントはさまざまな手数料が無料で、セキュリティ面に力を入れている仮想通貨取引所です。

まだまだ知名度は低く、仮想通貨取引所としてはマイナーな部類に入るビットポイントですが、最近は口座開設数が飛躍的に伸びているとのこと。

そこで、この記事では、今注目のビットポイントの基本的な情報と特徴について詳しく解説していきます。

BITPOINT(ビットポイント)の基本情報

ビットポイントの基本情報を見てみましょう。

会社名 株式会社ビットポイントジャパン
設立年月日 2016年3月3日
代表取締役社長 小田玄紀
資本金 44億3,000万円(資本準備金含む)
住所 〒106-6236 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階
金融庁登録番号 (関東財務局)第00009号
公式サイト https://www.bitpoint.co.jp/
公式ツイッター https://twitter.com/bitpointjp

 

ビットポイントは、東大法学部出身で仮想通貨関連の書籍も多く出版しており、金融・投資のスペシャリストである小田玄紀氏が代表取締役を務め、2016年に設立された比較的新しい仮想通貨取引所です。

資本金は約44億円と手厚く、日本の仮想通貨取引所ではNO.1の額です。

2018年8月にはプロサッカー選手の本田圭佑氏をイメージキャラクターに起用しましたが、そのときの契約金をビットコインで支払ったことでも話題になりました。 2018年下半期、急成長を遂げている仮想通貨取引所です。

BITPOINT(ビットポイント)の主な機能

ビットポイントの主な機能について解説していきます。

取り扱い通貨

ビットポイントで取り扱っている通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

こちらの5銘柄になります。 数は少ないですが、いずれも時価総額TOP10に入っている主要な仮想通貨です。

取引手数料が無料

参考:https://www.bitpoint.co.jp/service/reason/

 

ビットポイントは、あらゆる手数料が無料ということで、取引にかかるコストを少しでも抑えたいという方に適しています。

  • 口座管理料(口座開設手数料含む)…無料
  • 入金手数料(日本円即時入金のみ)…無料
  • 取引手数料(現物・レバレッジ・ビットコインFX)…無料
  • 送受金手数料(仮想通貨受金・仮想通貨送金)…無料

これだけの手数料がすべて無料というのはなかなかありません。 特に、取引手数料が現物もレバレッジもビットコインFXも無料というのはありがたいですね。

レバレッジ取引とFX取引

ビットポイントでは、現物取引のほかに「レバレッジ取引」と「ビットポイントFX取引」の2種類があります。 少しわかりにくいので、詳しくご説明します。

  レバレッジ取引 ビットポイントFX取引
手数料 建玉管理料 スワップ費用
通貨ペア BTC/JPY BTC/JPY・BTC/USD・BTC/EUR・BTC/HKD
取引ツール 通常取引のみ MT4の利用可能
建玉制限 500BTC 300BTC
1注文当たりの上限値 100BTC 10BTC
両建て取引 不可

 

レバレッジ取引は、現物取引同様、設定したレバレッジ分の金額をビットポイントから借りて、その貸借料(管理手数料)をビットポイントへ支払う取引です。

ビットポイントFXは、売買の差額のみを差金として決済する取引です。ここに大きな違いがあります。

レバレッジの倍率は、2倍・5倍・10倍・25倍から選ぶことができます。

BITPOINT(ビットポイント)の特徴

ビットポイントに口座開設する人が増えているのには訳があります。それは、ビットポイントの特徴に秘密があるのですが…どのような点で優れているのかチェックしていきましょう。

セキュリティが業界最高水準

参考:https://www.bitpoint.co.jp/service/reason/

 

ビットポイントは設立以来、セキュリティの高さは業界最高水準といわれてきました。

その理由は、大手オンライン証券システムを作り上げたメンバーが作り上げた取引システムにあります。

証券会社と同じ水準の強固なセキュリティで、今まで一度もハッキング被害やサーバー停止などのトラブルがないことで知られています。

  • 独自のウォレット管理システム
  • マルチシグネチャ対応
  • 不正侵入の検知、防御システム導入
  • SSL暗号化

以上の特徴があり、2018年10月には情報セキュリティ格付け会社の「株式会社アイ・エス・レーティング」の「A(シングルエー)」という格付けを取得しており、セキュリティ対策に力を入れている取引所といえます。

上場企業運営で信頼度が高い

ビットポイントは、電力事業や省エネ関連事業を手掛ける「リミックスポイント」という東証2部上場企業の子会社です。 上場運営が運営しているということで信頼度も高いです。

MT4を使った自動売買ができる

MetaTrader4(メタトレーダー4)は世界中の金融機関や投資家の方たちから支持され、世界750社以上の金融機関の取引プラットフォームとして採用されている取引ツールです。

FX取引において、効率的なトレードができると初心者から上級者まで幅広い投資家に人気のMT4を使うことができるのは、国内の仮想通貨取引所ではビットポイントとビットトレードのみです。

最大の特徴は、売買条件を組み合わせ、自動売買ができることです。Expert Advisor(EA)を購入し、MT4に挿入することでプログラムによってロボットが自動で売買を行ってくれます。

税金計算システムを導入

仮想通貨で利益を得た際、税金の計算をしなければなりませんが、それが面倒だと思う人も多いのではないでしょうか?

ビットポイントは税金計算してくれるシステムを導入しています。 取引照会画面に「実現損益円換算合計」が自動的に表示されます。

その金額で確定申告を行うだけなので、わずらわしい税金の処理をスムーズに行うことができ、大変便利な機能として人気です。

BITPOINT(ビットポイント)のスマホアプリ

参考:https://www.bitpoint.co.jp/tool/#t2

ビットポイントには便利なスマホアプリもあります。 スマホアプリ「BITPoint Lite」は操作性に優れ、見やすい画面とシンプルな構造が好評を得ています。 仮想通貨の売買から、チャート表示、資産状況の確認や注文の紹介まで行うことができますので、ビットポイントの口座を開設したら、スマホアプリもダウンロードして使いこなしましょう!

まとめ

ビットポイントは、2016年に設立された新しい仮想通貨取引所ですが、安全性や信頼度の高さ、ツールの充実度などから人気が出始めています。

仮想通貨取引をする上で、一番大切なのはセキュリティ面です。強固なセキュリティ環境を構築し、さらに24時間365日監視するという徹底ぶりですから、安心して取引できそうです。

小田社長自身、投資のスペシャリストということで、投資家目線での工夫が随所にみられ、使いやすい取引所といえるのではないでしょうか。

以上のことを踏まえて、ビットポイントで口座開設をするメリットは大いにあると考えられます。

▼口座開設はこちら

BITPOINT

▼仮想通貨取引所の解説記事一覧はこちら

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.