仮想通貨取引所BTC BOX(BTCボックス)を解説!基本情報や特徴まとめ

BTCボックスは日本の大手仮想通貨取引所の一つですが、名前はまだあまり知られていないのが現状です。

2014年に設立され、老舗といわれながらもなぜ知名度が高くないのでしょうか?

この記事では、その理由や特徴を解説していきます。

BTC BOX(BTCボックス)の基本情報

参考:https://www.btcbox.co.jp/

 

BTC BOXの基本情報を見てみましょう。

会社名 BTCボックス株式会社
設立年月日 2014年3月6日
代表取締役社長 David Zhang(張店)
資本金 1億6516万円(準備金含む)
住所 東京都中央区日本橋茅場町2丁目8番1号 BRICK GATE 茅場町 5階
金融庁登録番号 (関東財務局)第00008号
公式サイト https://www.btcbox.co.jp/
公式ツイッター https://twitter.com/btcbox_co_ltd

2014年に設立された、国内では比較的歴史のある仮想通貨取引所です。

社長が日本人ではないという点は気になる方もいるかもしれませんが、中国人実業家であるデビッド・チャン氏は、日本でiPhoneのデバイス設計に携わったり、IT系の事業を幅広く展開したりと、有数のエンジニアとして知られています。

2017年には、金融庁への業登録も済ませています。

取り扱い通貨

取り扱い通貨は以下のとおりです。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)

取り扱い通貨の数は少ないですが、主要な通貨であるビットコインやイーサリアムに対応しているほか、日本で人気のあるライトコインの取り扱いもあります。

BTC BOX(BTCボックス)の主な機能

BTCボックスではどのような取引ができるのでしょうか?

現物取引

ビットコインをはじめとした対応通貨で現物取引ができます。

通貨種類 項目 手数料
ビットコイン
(BTC)
入金 無料
出金 1回あたり0.001BTC
売買手数料 0.05%
ビットコイン
キャッシュ
(BCH)
入金 無料
出金 1回あたり0.001BCH
売買手数料 0.10%
ライトコイン
(LTC)
入金 無料
出金 1回あたり0.002LTC
売買手数料 0.10%
イーサリアム
(ETH)
入金 無料
出金 1回あたり0.01ETH
売買手数料 0.10%
日本円(JPY) 入金 無料
出金 15 万円以下は 400 円
15 万円超は 750 円

 

入金手数料はいずれも無料ですが、出金や売買にかかる手数料はそれなりにありますので、取引を頻繁に行う方は注意が必要です。

仮想通貨融資

BTCボックスの独自機能として「仮想通貨融資」というものがあります。

一般的に「信用取引」といわれるものと同じで、総資産の3倍の金額までならビットコインを借りることができます。

1日あたり、借入金額の0.08~0.1%程の手数料がかかりますので、取引をする際は手数料に気を付けてください。

BTC BOX(BTCボックス)の特徴

BTCボックスはどのような特徴、メリットがあるのでしょうか?

セキュリティ対策に力を入れている

参考:https://www.btcbox.co.jp/

 

老舗の仮想通貨取引所ということで、セキュリティの面においても、いち早く動きを見せました。

  • 2段階認証
  • 携帯SMS認証
  • コールドウォレットでの管理
  • マルチシグネチャの採用

マウントゴックス事件という仮想通貨取引所を狙ったハッキング事件(被害額75万BTC+28億円)を受けて設立されたといわれるBTCボックスは、ハッキング被害に遭いにくい取引所にするため、さまざまな工夫をしてきました。

特に、2段階認証・携帯SMS認証に関しては、国内の仮想通貨取引所では一番初めに取り入れたことでも有名です。

今では当たり前になっているコールドウォレットでの資産管理やマルチシグネチャの導入などもきちんと行っています。

アービトラージに使える

アービトラージは、裁定取引やサヤ取りとも言われ、株などでも用いられる取引方法です。

取引所によって価格差が生じるので、その価格差を利用して利益を得る手法なのですが、仮想通貨は価格差が生じやすいため、アービトラージを行うトレーダーも多いです。

BTCボックスでは、アービトラージに利用するための価格差をチェックできるアプリをリリースしています。

これを使うと、アービトラージでの取引をスムーズに行うことができ、とても便利です。

サーバーダウンの経験がない

BTCボックスは2014年に設立された日本で最も歴史のある仮想通貨取引所です。

そのこともあり、ビットコインに初期段階から投資している方の中にはBTCボックスを利用している人も多いということです。

そんな歴史ある取引所でありながら、いまだにサーバーダウンの経験がありません。

取引量が少ないと言われればそれまでですが、それでもサーバーダウンすることは信頼を一気に失うことにつながるので、その点ではBTCボックスは優れているといえるでしょう。

BTC BOX(BTCボックス)のスマホアプリ

参考:https://itunes.apple.com/jp/app/btcbox%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%8F%96%E5%BC%95%E6%89%80/id1076075645?mt=8&at=&ign-mpt=uo%3D4

 

BTCボックスには「BTCBOXビットコイン取引所」というスマホアプリがあります。

先ほどご紹介したとおり、主要な仮想通貨取引所の価格を見ることができる機能があるので、アービトラージ取引を行う人にはおすすめです。

また、外出先で取引したい方、忙しいのでスマートフォンで価格を確認したい方にも向いています。

スマホアプリは、iOS版とAndroid版があります。

まとめ

BTCボックスは、日本で一番歴史のある仮想通貨取引所で、サーバーも強く、セキュリティの面でもしっかりと対策をしているということがわかりました。

国際版BTCBOXもあり、中国語と英語に対応しています。

国際版では、日本版では扱っていないGameCreditsというオンラインゲームで利用できる通貨の売買も行っているということです。

老舗の仮想通貨取引所で、安心・安全に仮想通貨を取引したい方にはおすすめといえるでしょう。

▼仮想通貨取引所の解説記事一覧はこちら

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.