ママコイナーMakiが教える!初心者に向けた仮想通貨投資の心構え【後編】

こんにちは、ママコイナーのMaki(マキ)です!

前回に引き続き、仮想通貨の仕組みや技術に興味を持った方、仮想通貨投資を始めたいという初心者の方に向けて、私が感じたことやこれからの相場、実用的な部分についてお話しさせていただきます。

仮想通貨の仕組み・技術・将来性に興味を持った方へ

前回は、仮想通貨を「投機目的」として始めたい方に向けた内容でした。

要は、仮想通貨投資(投機)で「儲けたい」という方のために、大きな下落や規制等があったとしてもまだまだ仮想通貨はこれからであること、初心者であっても利益を出す方法はたくさんあるけれど、自分の行動は自分で責任を取ろうということをお話ししました。

今回のコラムは、投機目的ではなく「仮想通貨」自体に興味を持った方に向けています。

私自身も微々たるものではありますが、仮想通貨投資を行いながら、約1年半の間さまざまな動向を見てきました。

これからどうなっていくんだろう、この技術ってすごくない?と、日々ワクワクしています。 同じように感じている方が多いと思いますが、相場自体は2017年末に比べるとかなり低迷していると言えます。

この先、仮想通貨はどうなるのか…?と正直不安になっている方もいらっしゃるでしょう。

では、今後の展開も含めて、私の見解をお話しします。

仮想通貨の普及① どんな方法で使われる?

まず、仮想通貨はビットコインをはじめ、本当にたくさんの種類があることはご存知でしょうか。

その数、日々増え続けているため2000を超えていると言います…。

その中には「スキャム(詐欺)」と呼ばれるものがあったり、しっかりとした計画があるにもかかわらず、途中で潰れていくものもあるかもしれません。

似たような内容のプロジェクトが乱立しているものもありますし、それぞれのプロジェクトが進められていったとき、競合として生き残るもの、なくなってしまうものもあるでしょう。

しかし、どのプロジェクトにもそれぞれのビジョンがあり、私たちはその内容や志に惹かれて投資を行っているんですね。

似たようなプロジェクトがたくさんある理由としては、

  • 需要が高い
  • 収益を上げやすい

ということが主に挙げられます。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など、プロジェクトの中で使われるトークン(仮想通貨)のことを「ユーティリティトークン」と呼びますが、今後このユーティリティトークンたちはどのような方法で使われると思いますか?

単純に投機目的としてトークンのみの売買を取引所で行う人もいれば、プロジェクトに惹かれてトークンを保有し、実際にユーティリティトークンとして使う人もいます。

ただ、ユーティリティトークン(仮想通貨)が今後さらに周知され、実際に使われることを考えると「課題」もたくさん存在しているのが現状です…。

仮想通貨の普及② 問題を解決できるかどうか

すでに日本でも、ビックカメラや飲食店にてビットコイン(BTC)決済が可能になっています。

ビットコインだけでなく、ビットコインキャッシュ(BCH)やリップル(XRP)などのアルトコインで支払いをすることが可能なところも増えていますね。

しかし、ビットコインはスケーラビリティ問題(取引が処理しきれない状態)がありますし、アルトコイン決済はBTC決済に比べると普及しておらず…。

「仮想通貨」という名前が知られていても、実際に利用されるのはまだまだということです。

技術的な課題として挙げられるのが、送金(支払い)をするのに送金詰まりなどの問題でうまく支払いができないということ。

そもそも、ビットコインは「『電子通貨』として国境をまたいで利用できるお金」という目的のもと生まれたものでした。

今後も利用者が多くなり、うまく支払いができない…となると本末転倒です。

そのため、データを多く処理できる技術・Segwit(セグウィット)の実装や、秒速で取引ができるようになるライトニングネットワークなど、さまざまな技術が開発されています。

さらに、技術的なことだけでなく私たちユーザー側にも、仮想通貨を保管する「ウォレット」の使い方をどのように知るか、送金方法や各取引所の使い方、アドレス間違いなどで起こるセルフGOXなど、知っておくべきことが山ほどあります。

課題を解決していく段階でもありますし、何が今後の課題なのかが少しずつ浮彫になっているのが、今の段階だと言えるでしょう。

知れば知るほど魅力的に感じる仮想通貨

私はライターという仕事柄、次にブームとなりそうなものがあると、そのことについて記事にしてほしいと依頼が来ます。

仮想通貨もこのパターンで、2017年春に知りました。

ブロックチェーン、スマートコントラクト、ハードフォーク…技術に関する意味不明な単語が並び、こんなにも記事にするのが難しいジャンルなのかと、始めは悔しく思いました。

そこで、ひとつひとつの単語をわかりやすく言い換えながら記事を書いているうちに、どんどんハマっていき、今に至ります。

技術者でもなんでもないただの主婦ではありますが、まるでインターネット(WWW)が始まったときやスマートフォンが登場したときのような、何か世界が変わる場面に出くわしているんじゃないか…

そう感じ、仮想通貨っていったいなに?この技術はいったいどういうもの?と、深みにはまっていったのは私だけではないハズ。

ひとつひとつの言葉の意味を調べながら読み解いていくのは一苦労ですが、意味をしっかりと理解できると、こんなにもすごいものなのか!と感動します。 これは投機目的の方もそうなのですが、自分がいったいどんなモノに資産をつぎ込もうとしているのかをきちんと理解することで、将来性を考えたり、今後の伸び率も予想しやすくなると言えます。

取引の前に…「リテラシー」の大切さ

新たに仮想通貨投資を始めようとしている方の「リテラシーの低さ」が一時、Twitterでも話題になったことがあります。

リテラシーとは「読解記述力」という意味ですが、情報を正しく読み取って、自分自身で適切に判断する力のことをいいます。

前回のお話しの中でもたびたびありましたが「わからないから人に聞く」のではなく、まずは自分で調べてみよう、ということです。

  • みんなが買っているから買った
  • 有名なインフルエンサーが推しているから買った
  • あまり内容は知らないけど儲かると聞いた

…もしこれで仮想通貨を買って損失を出したとしても、誰のせいにもできません。 技術を完全に理解することはもちろん難しいことですし、私もわかりません。 でも、ネットを開いて少し検索すれば、この仮想通貨は今後どのような開発が進められて(ロードマップ)、どの取引所でどのくらいの取引が行われているのか、さまざまな情報を簡単にキャッチできます。

仮想通貨の単語ひとつとっても、数年前に比べると今は本当にたくさんの情報がありますし、今使っているスマートフォンやパソコンで、ものの30秒あれば調べられることばかりです。

こうして疑問をひとつずつつぶしていくと、自分自身で納得した理由をもとに投資をすることができ、自信につながりますよ。

最後に|先が読めないから仮想通貨はおもしろい!

ファンダ(価格につながりそうな話題・材料のこと)があったから100%上がる…というわけではないのが、仮想通貨の世界。

裏世界などオトナの事情や、国単位での規制があり、投資のプロであっても価格の先読みが難しいと言われています。

だからこそ、大きなボラティリティ(値幅)もあり、稼げる!と話題になったんですね。

ビットコインが100万円に!50万円に!というふうに、どうしても表面的な話題が大きく取り上げられがちですが、仮想通貨はこれまでにない技術が結集し、知られていないだけで、さまざまなプロジェクトが進められています。

将来、人々によって当たり前に使われるものもあるかもしれませんし、その期待値は計り知れません。

今後、日本もキャッシュレス化が進んでいく中で、どのような形で仮想通貨が使われるのか、今とまったく違う形で普及するのか、それはわかりません。

しかし、仮想通貨が廃れることはないと言い切れますし、今後も魅力的なプロジェクトが登場するたび、相場だけでなく中身を見る人がどんどん増えていくでしょう。

そのときに、波に乗れるかどうかは自分次第。

仮想通貨はまだ始まったばかりです。前を向いていきましょう!

以上、ママコイナーMakiでした!

▼前編を読む
https://www.chainage.jp/colum_mam-coiner-maki_crypto-currency_attitude1.html


ママコイナーMaki
子育てとフリーライター業に奮闘するアラサー主婦。仮想通貨業界には2017年ごろから参入し、持ち前の好奇心とリサーチ力で知識を蓄積。良質なコンテンツを自身のブログに投稿し続け、多くの購読者から好評を得ている。ピンク色の物に目がない。

🌸ママコイナーMakiのブログはこちら

🌸ママコイナーMakiのTwitterはこちら

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.