ここが残念、仮想通貨!ママコイナーMakiが思う仮想通貨の落とし穴

こんにちは、ママコイナーのMakiです!

根っからのポジティブな性格のせいで(おかげで?)、仮想通貨の価格が暴落してしまってもいつも元気な私ではありますが… 「もっと●●だったらいいのに…」と思うことや、投資をする前にもっと調べておけばよかった…とガックリしてしまったこともあります。

今回は、私が実際に仮想通貨投資をして感じた「落とし穴」について、お話しさせていただきます!

仮想通貨(ビットコイン)≠儲かる

皆さんが仮想通貨投資を始めたのはいつ頃でしょうか?

まだこれから…という方、仮想通貨について知ったけど、なかなか投資をするには勇気がいるなぁという方など、たくさんいらっしゃると思います。

投資と言えば難しいイメージがありますが、仮想通貨は取引所の口座開設がカンタンなこと、少額からでOKという投資参入までのハードルが低いこともあり、若い世代のユーザーを中心に人気を集めています。 2017年末の爆発的な知名度上昇とともに多くの方が仮想通貨投資をスタートさせました。

しかし、実際は良いことばかりではありません…。

落とし穴その① 「儲かる」というイメージ

仮想通貨といえば、多くの方は「ビットコイン」だと認識しているかと思います。

実際には、仮想通貨はビットコインだけでなく「アルトコイン」と呼ばれる数千種類の仮想通貨も存在しており、これから伸びしろのあるものもたくさん存在しています。

これから芽を出して目まぐるしく成長を遂げていく銘柄を早い段階で探し、投資しておくことで10倍銘柄(テンバガーといいます)、それ以上の価値になる可能性もなきにしもあらず。

この現象が続出したことで、億単位の資産を手にしたいわゆる「億り人」が次々に誕生し、2017年末に仮想通貨の一時的なブームがやってきたんですね。

…しかし。

1BTC=240万円まで一時的に高騰したものの、その後は先物取引開始による売り圧や、コインチェックのハッキング事件や規制など、ネガティブなファンダが次々に登場してしまいました。

「儲かる」というウワサを聞いて参入してきたユーザーは、淡い期待を抱きつつもただただ下落していくチャートにガックリしてしまったかと思います…。

なんでもそうなのですが「これは儲かるよ!」というオイシイ話に妄信的に飛びつくのではなく、まずは自分自身で調べて、自分の目で確かめてみましょう。

落とし穴その② 「自己責任」の意味

先ほどの話に通じるものがありますが、仮想通貨だけでなく、株や為替といった商品に投資をするにあたってとても大切なのが「自己責任」という言葉です。

仮想通貨は私たちが普段使っている日本円(法定通貨)とは違って、国境も関係ありませんし、時間も関係なくいつでも送金することができ、ネットワークの中にデータが分散されて保管されているため、なんらかのトラブルがあったとしても復活しやすいというメリットがあります。

法定通貨であれば銀行を介して振込や保管を行いますが、銀行内でシステムのトラブルがあったら、自身が保有しているお金も引き出せなくなる恐れがありますよね。 仮想通貨はそういったトラブルを回避し、自分自身で責任を持って管理することができます。

…とはいえ、現状では第三者である「取引所」を介して取引を行っているため、取引所に対して何らかの攻撃を仕掛けられたり、トラブルが発生してしまうと思わぬ損失を被ってしまう恐れも。

それが実際に起きてしまったのが、コインチェックやZaifのハッキングです。

ユーザーの資産を預かっているのだから、セキュリティ強化に余念がなくて当然!ではあります。 しかし、万が一のことがあったときにすべての責任を負う取引所はかなりまれです。

2014年に起こったマウントゴックス事件では、いまだに解決していないこと、海外の取引所で起こったハッキングも、ほぼほぼ補償が行われているところはなく、コインチェックがハッキングされたXEMをすべて補償したのは異例中の異例であることがわかります。

コインチェックのハッキングでは、多くのユーザーがコインチェック社まで押しかけたことも話題になりました。

が、取引所にトークンを置いておくリスクは、仮想通貨投資を始める前に知っておくべきことです。

多額の資金が集まるとわかっている取引所に、どうして仮想通貨を置きっぱなしにしているのか?

  • 取引がラクだから
  • トレザーなどのコールドウォレットは手間だし高いから
  • 大丈夫だと思ったから

ほとんどが、こうした理由からではないでしょうか。 コールドウォレットを先に購入して、使い方をマスターしてから投資を行っても遅くはありません、すべては「自己責任」なのです。

落とし穴その③ 過度な敬遠

仮想通貨ってうさんくさい!仮想通貨って「仮想」なんでしょ?株とかFXとかわけわかんない!

最初、私も本当に思っていました…そう、仮想通貨について深く知る前は…(遠い目)

あなたは仮想通貨についてどのようなイメージを持っていますか?

危ないとか、価値があるの?とか、詐欺!とか、いろんなイメージがあるかと思います。

先ほどもお話ししましたが、実際にハッキングは世界中のあちこちで起こっていますし、GOX(仮想通貨が失われること)されたトークンが戻る可能性は、ほぼほぼないでしょう。

しかし。

そういったネガティブなイメージによって、過度に仮想通貨を敬遠し、まったく何も触れない、興味を持たなくなってしまうことが、逆に落とし穴でもあります。

こんなにも魅力的で、これからさらに成長を遂げようとしている仮想通貨。

ビットコインをはじめとしたトークンの価格だけを見るのではなく、もっと全体を見渡してみてください。 アプリが続々リリースされている、プロジェクトの開発者があちこちで募集されている、上場される取引所がどんどん増えていく…中には残念ながらスキャム(詐欺)プロジェクトもありますし、途中で開発がストップしてしまうものも。

ただ、そうではないものは価格とは裏腹に、それぞれのプロジェクトにおいてしっかりと前を向いて突き進んでいることがわかるはず。

どうして仮想通貨がこんなにも注目され始めているのか、その意味をよく考えると、情報のキャッチすら止めてしまうことはとてももったいないと思いませんか?

投資は自身が納得してからできますが、「仮想通貨?そんなの詐欺じゃん」と切り捨ててしまうのは、後悔することになるかもしれません。 仮想通貨をスキャム(詐欺)だと決めつけて過度に敬遠するのではなく、まずはどのようなものか一度「自分の目で確かめる」ことが必要不可欠です!

自身で情報を精査して「見極める力」を付けることが、億り人への最短ルートなのかもしれませんね。

逆に、先ほどもお話ししましたが妄信的になることは避けなければいけません。

名の知れたインフルエンサーはもとより、友人・知人であったとしても、投資を勧めてきたものは、まず一度、自分自身で確認を。

自分自身の大切な資産をもとに投資を行うのですから、自分が納得したものに投資を行いましょう。

ただ、その投資が成功するかどうかは誰にもわかりません…。 それでもなお、私のように仮想通貨に惹かれて先しか見ていないユーザーはたくさんいます。 きっかけが投機目的であれ何であれ、早い段階で仮想通貨について知ることができたのはラッキーなことだと、私は感じています。

税金について、日本を含めた各国の規制について…など、まだまだまだまだ改善すべき点はたくさんありますが、仮想通貨をポジティブに、楽しんでいきましょう!

以上、ママコイナーMakiでした!

▼前編「ここが好きだよ仮想通貨!ママコイナーMakiが思う仮想通貨の魅力」を読む
https://www.chainage.jp/colum_mam-coiner-maki_crypto-currency_advantages.html


筆者も講師陣として活動をしている有料プライベートグループ「Cryptolabo(クリプトラボ)」では、初心者・中級者~ともに、仮想通貨トレーダーとして幅広く知見を広げられるよう随時ボイスチャット・情報配信等を行っています。ぜひご活用ください。

▼Cryptolabo(クリプトラボ)
https://www.izizlabo.net/

ママコイナーMaki
子育てとフリーライター業に奮闘するアラサー主婦。仮想通貨業界には2017年ごろから参入し、持ち前の好奇心とリサーチ力で知識を蓄積。良質なコンテンツを自身のブログに投稿し続け、多くの購読者から好評を得ている。ピンク色の物に目がない。

🌸ママコイナーMakiのブログはこちら

🌸ママコイナーMakiのTwitterはこちら

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.