【初心者向け】仮想通貨のウォレットとは?その種類と活用法を徹底解説!

「ウォレットってなに?」
「仮想通貨は『ウォレット』で管理した方が良いって聞いたけど、どういうこと?」
「ウォレットをどう活用して良いのか分からない!」

仮想通貨を始めたばかりだと、このように感じている方も多いのではないでしょうか?

「ウォレット」とは、仮想通貨を管理するためのツールのこと。実は仮想通貨の保管や入出金は、ほぼすべて「ウォレット」を経由して行われています。

そして、もしあなたが取引所に仮想通貨を預けたままであれば危険です。5分で読めるこの記事をぜひ読んで、リスクを避けてください。

この記事では、

  • ウォレットとは?
  • ウォレットの種類
  • ウォレットの使い分け

について、サクッと読めるように解説しています。
仮想通貨を保有するのであれば、「ウォレット」を理解して損はありません。

ぜひ、この記事を読んで仮想通貨を安全に保管するための知識をマスターしてください。

取引所に預けたままだと危険!仮想通貨は自分のウォレットで管理しよう!【基本解説】

ウォレットとは、仮想通貨を管理するためのツールのことです。
以下の画像のように、ウォレットには対応する公開されたアドレスが存在し、仮想通貨を送りたい相手のアドレスを指定して送金が行われています。


【注意】画像はこの記事用に作成した残高ゼロのウォレットです。本来、秘密鍵は誰にも見せてはいけません。

そして、仮想通貨を保有している多くの方が、取引所に資産を預けたままになっているのではないでしょうか?
冒頭でも触れたように、取引所で資産を管理するのは危険だと言わざるを得ません。
「秘密鍵」を取引所が管理しているからです。

どういうことでしょうか?

「ウォレット」(Wallet)とは、日本語で「財布」を意味する英単語ですが、実はウォレットの中に仮想通貨が入っているわけではありません。

ウォレットが管理しているのは、仮想通貨を使うために必要な「秘密鍵」という暗号鍵です。
秘密鍵は以下の画像のような文字列で表現されています。


【注意】画像はこの記事用に作成した残高ゼロのウォレットの秘密鍵です。本来は誰にも見せてはいけません。

秘密鍵は銀行口座の暗証番号のようなものです。
これさえ知っていれば、他人の仮想通貨であっても不正に送金できてしまうので、本来は誰にも知られてはいけません。

仮想通貨を所有することは、秘密鍵を所有することと同じなのです。

そして、仮想通貨取引所ではユーザーの秘密鍵が管理されています。
取引所のアカウント内の仮想通貨は、ユーザー自身にはコントロール権限が無いのです。

ゆえに、もし取引所がハッキングされて、秘密鍵が流出した場合には、資産を不正に引き出されるリスクが高いと考えられます。
ブロックチェーン上に記録された取引は巻き戻せないため、ハッキングの犯人を捕まえて元通りに送金させない限り、流出した仮想通貨は戻ってきません。

もちろん、取引所を使っているユーザーは秘密鍵を管理しなくて良いので利便性は高いですが、リスクは把握しておいた方が安全です。
基本的には、保有している仮想通貨の金額や使い道によって、適切な種類のウォレットを使い分けることをおすすめします。

ウォレットは資産額や目的に応じて種類を選ぼう!

ウォレットを選ぶときのポイントは以下の2点です。

  • 誰が秘密鍵を管理するか?
  • ウォレットがインターネットに接続されているか?

利便性(送金しやすさ)という観点で選ぶこともできますが、大前提として仮想通貨はお金(資産)なので、基本的には安全性という観点からウォレットを選んだ方が良いでしょう。

日本円を保管するときには、多くの人が安全性を優先させるのではないでしょうか?

一概には言えませんが、ハッキングリスク(=秘密鍵が盗み出され仮想通貨が不正に送金されるリスク)は以下の通りです。

  オンライン オフライン
秘密鍵を事業者が管理
秘密鍵は自分で管理

※リスクは◎→◯→△→☓の順で大きくなる(☓がもっとも危険)

そして、ウォレットはその形態によって、以下のようにいくつかの種類に分けられます。

ウォレットの種類 説明 サービス・商品の例
Webウォレット Webブラウザやアプリ経由で使えるウォレット。
秘密鍵を管理する必要が無い場合も多く利便性は高いがハッキングリスクも高い。
仮想通貨取引所、Blockchain、Copayなど
クライアントウォレット 専用のソフトウェアやアプリをパソコンやスマホにインストールして使うタイプのウォレット。
秘密鍵を自分で管理できるものが多い。
Bitcoin Core、Ginco、Trust、MyEtherWalletなど
ハードウェアウォレット 専用の機器を用いたウォレット。USBなどでパソコンに接続して操作する。
秘密鍵はオフラインで管理できるため安全性が高い。
TREZOR、Ledger Nano、KeepKeyなど
ペーパーウォレット 公開アドレス(公開鍵)と秘密鍵が紙に印刷されたウォレット。物理的にインターネットに接続されないため、ハッキング耐性は極めて高いが、紛失・消失リスクがある。 Bitcoin Paper Walletなど

※世界的に合意されたウォレットの分類方法があるわけではありません。あくまでも分類方法の一例として紹介しています。

なお、初めてウォレットを使うという方には、秘密鍵を自分のスマホ内で管理できるウォレットアプリの「Ginco」がおすすめです。
2018年12月19日現在、iOS版のみのリリースとなっていますが、初めての方でもインストール後に表示されるガイドに従って操作すれば、すぐに利用することができます。


出典:https://ginco.io/

仮想通貨の使い道と保有額に応じたウォレット活用法を紹介!

最後に仮想通貨の使い道や保有額に応じたウォレットの使い分けを紹介します。

活用方法① 頻繁に仮想通貨トレードをする方

基本的にはトレード用の仮想通貨は、取引所のウォレットに入金しなければならないので、ある程度のリスクは仕方ないでしょう。

取引所に預けた仮想通貨の金額が、自分にとって「ちょっと多いかな?」「これが全部無くなった困るな」と感じる場合は、ひとまず一部を「クライアントウォレット」か「ハードウェアウォレット」に移動させることを強く推奨します。

クライアントウォレットであれば「Ginco」、ハードウェアウォレットを使う場合は「TREZOR」が安全性が高くおすすめです。


出典:https://shop.trezor.io/

なお、ハードウェアウォレットは必ず公式Webサイトで購入するようにしましょう。
なぜなら、中古品や公式ショップ以外で購入した場合、不正なソフトウェアが仕込まれて、資産を不正に引き出されるケースが報告されているからです。

活用方法② 仮想通貨を頻繁に送金する方

秘密鍵を自分で管理できるタイプの「クライアントウォレット」の利用がおすすめです。
多種類の仮想通貨を管理する場合は「Ginco」が、イーサリアムだけであれば「Trust」か「MEWconnect」が良いでしょう。
いずれもスマホアプリがリリースされています。

特に「Trust」と「MEWconnect」は、アプリの設計図(ソースコード)が公開されているので、スマホアプリのなかでも比較的安全性が高いです。
また、イーサリアム系のアプリを使う方は、「Trust」のようなブラウザウォレットを使う必要があります。

※ブラウザウォレットについては、DAppsの記事で紹介しています。

活用方法③ 多額の仮想通貨を長期間持ち続ける予定の方

特にトレードも送金もせずに、多額の仮想通貨を保有し続ける予定の方は「ハードウェアウォレット」での保管をおすすめします。
さらに、もし保有額が100万円を超える場合には、複数の「ハードウェアウォレット」と「ペーパーウォレット」を用意して分散管理した方が良いでしょう。

金額によっては金庫に入れても良いかもしれません。

ウォレットは仮想通貨を守るために必須のツール!【まとめ】

仮想通貨の所有は秘密鍵の所有と同じことであり、その秘密鍵を管理するツールであるウォレット選ぶは資産の安全を守るためにも重要です。
特に仮想通貨を預けた取引所がハッキング被害に遭い、資産が不正送金されてしまったという事件が、2018年だけでも国内で2件発生しています。

上記の事件では、企業が損失分の資産を保障したため、顧客の損失は最小限に抑えられました。
しかし、最悪の場合は会社が倒産し、保障が受けられないというケースも想定できるため、秘密鍵を自分でコントロールできるウォレットを最低ひとつは用意することをおすすめします。

まずは手始めに、この記事でも紹介した「Ginco」や「Trust」のようなスマホアプリをインストールする所から始めてみてはいかがでしょうか?

▼Ginco
【iOS版】
https://itunes.apple.com/jp/app/ginco-%E4%BB%AE%E6%83%B3%E9%80%9A%E8%B2%A8%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88/id1348680429?l=ja&ls=1&mt=8
【Android版】
近日リリース予定!

▼Trust(ビットコインとイーサリアムのみ対応)
【iOS版】
https://itunes.apple.com/us/app/trust-ethereum-wallet/id1288339409

【Android版】
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.wallet.crypto.trustapp

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.