仮想通貨取引所DMM Bitcoinを解説!基本情報や特徴まとめ

DMM Bitcoinは大々的にCMもやっており、知名度の高い仮想通貨取引所です。

しかし、知名度が高いからといって必ずしも安全な仮想通貨取引所だとは言い切れません。

そこで、今回はDMM Bitcoinがどのような取引所なのか、またどのような特徴があるのかについて詳しくまとめました。

DMMBitcoinの基本情報

DMMBitcoinの基本情報を見てみましょう。

会社名 DMM Bitcoin株式会社
設立年月日 2016年11月7日
代表取締役社長 田口 仁
資本金 12億9000万円
住所 〒103-6026
東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
金融庁登録番号 (関東財務局)第00010号
公式サイト https://bitcoin.dmm.com/
公式ツイッター https://twitter.com/dmm_bitcoin

 

モデルのローラさんを起用したCMでおなじみの仮想通貨取引所DMM Bitcoinは、言わずと知れたDMMグループの子会社です。

企業の信頼度が高く、知名度もあることから老若男女問わず支持されている取引所です。

ネット証券会社である「DMM.com証券」のノウハウを生かした運営を行い、レバレッジ取引などに力を入れています。

DMM Bitcoinの主な機能

DMM Bitcoinではどのような取引ができるのでしょうか?詳しくご紹介します。

取り扱い通貨

現物取引

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)

レバレッジ取引

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCT)

 

DMMBitcoinでは現物取引できるのは、ビットコインとイーサリアムのみ。

ネム、リップル、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュはレバレッジ取引のみですので、注意が必要です。

しかし、これだけのアルトコインをレバレッジ取引できるのは国内の仮想通貨取引所ではDMM Bitcoinだけですので、レバレッジ取引を専門に行いたい方にはこちらの取引所はおすすめです。

取引手数料がほぼ無料

取引をする際に一番気になる手数料ですが、以下のようになっています。

  現物取引 レバレッジ取引
取引手数料 無料 無料
レバレッジ手数料
(スワップポイント)
建玉金額の0.04%/日の
レバレッジ手数料がロールオーバー時に発生
円貨の入出金 振込入金手数料:無料(銀行手数料はお客様負担)
クイック入金手数料:無料
出金時:無料
仮想通貨の入出庫 入庫時の手数料:無料(マイナーへの手数料はお客様負担)
出庫時の手数料:無料

参考:https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/fee

 

以上のように、手数料に関しては無料とされている部分が多いです。

しかし、DMMBitcoinは「販売所形式」のため、購入価格と売却価格の差である「スプレッド手数料」が発生してしまいます。その点に気を付けて取引をしましょう。

レバレッジ取引は7種類&最大5倍

参考:https://bitcoin.dmm.com/service

 

先ほどもご紹介したとおり、現物取引はビットコインとイーサリアムのみになりますが、レバレッジ取引できる通貨が7種類あります。 レバレッジペアは以下のとおりです。

  • ビットコイン/円(BTC/JPY)
  • イーサリアム/円(ETH/JPY)
  • ネム/円(XEM/JPY)
  • リップル/円(XRP/JPY)
  • ライトコイン/円(LTC/JPY)
  • イーサリアムクラシック/円(ETC/JPY)
  • ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)
  • イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)
  • イーサリアムクラシック/イーサリアム(ETC/ETH)
  • ネム/ビットコイン(XEM/BTC)
  • リップル/ビットコイン(XRP/BTC)
  • ライトコイン/ビットコイン(LTC/BTC)
  • イーサリアムクラシック/ビットコイン(ETC/BTC)
  • ビットコインキャッシュ/ビットコイン(BCH/BTC)

なんと14種類もあります。 これだけ多くのアルトコインでレバレッジ取引できるのは国内の仮想通貨取引所では大変珍しいことです。 レバレッジは最大5倍と、ほかの仮想通貨取引所に比べると少ない気もしますが、初心者の方でも安心して取引できる、ちょうどいい倍率ではないでしょうか。

DMMBitcoinの特徴

DMMBitcoinにはどのような特徴やメリットがあるのでしょうか?どのようなウリがあるのか調べてみました。

セキュリティ対策が万全

証券会社のノウハウを生かした万全なセキュリティ対策がDMMBitcoinの強みです。セキュリティ対策は以下のことを実践しています。

  • コールドウォレットを使用したオフラインで資産を管理している
  • 利用者の資産と会社の資産を分別して管理している
  • SSL暗号化通信を行っている
  • 2段階認証の徹底を行っている

仮想通貨取引をする際に一番不安なのはハッキングの被害に遭うことではないでしょうか? その点、DMMBitcoinではコールドウォレットといってインターネットに繋がっていないオフラインの状態で資産を管理しているため、ハッキングの被害に遭いにくいという利点があります。 また、SSL暗号化通信と2段階認証の徹底によって、より強固なセキュリティシステムを築き上げています。

取引ツールが豊富

参考:https://bitcoin.dmm.com/service

 

株やFXサービスを展開している会社ということもあり、取引ツールが豊富で、画面が非常に見やすいと評判です。

取引画面は、毎日のようにチェックするものですから、使いやすさは重要なポイントになりますね。

サポート体制が充実

DMM Bitcoinのサポートセンターは、24時間365日対応してくれます。

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、土日でも取引できるため休日に取引をする投資家の方も多いようです。

土日にサポートセンターが対応してくれるのはありがたいですね。

しかも、通常の専用フォームでの問い合わせのほかにLINEを使った問い合わせも可能ということで、サポート体制が充実していることがわかります。

DMM Bitcoinのスマホアプリ

 

参考:https://bitcoin.dmm.com/service/tool

 

DMM Bitcoinではスマートフォンを使った取引も可能です。

レバレッジ取引では、大きな資産を動かすことが多いため、外出先で取引したい人も多いですよね。

その点、DMM Bitcoinはスマートフォンのアプリで取引できるので便利です。

サクサク使いこなせるほか、「一括決済ボタン」といってすべてのポジションを一度に決済することができるボタンがあり、急な相場変動があったときでも、外出先から対応することができます。

まとめ

DMM Bitcoinは華やかなCM、大きな企業が運営しているということだけが強みではなく、さまざまなメリットがあります。

現物取引できる通貨はビットコインとイーサリアムだけですが、レバレッジ取引できるアルトコインが豊富で、手数料も無料というのがうれしいですね。

セキュリティ対策やサポート体制も申し分ないので、総合的に見て優れた取引所といえそうです。

▼口座開設はこちら

▼仮想通貨取引所の解説記事一覧はこちら

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.