ブロックチェーン活用のDNA検査、患者はデータ販売が可能に

最近、DNAデータの販売をめぐるニュースが報道されるなど、DNA検査関連企業をとりまく情勢は活況を帯びている。現時点では、ブロックチェーンを活用した医療分野の新興企業「TimiHealth」が、顧客のプライバシーを尊重し、遺伝子データの所有権を認めることによって、業界で一歩抜きんでた存在となっている。


バイオテクノロジーが貴重な情報技術になるにつれて、DNAデータから個人のかなり細かい部分までを特定できるようになった。

例えば、DNA検査によって新生児の将来にわたる知能レベルや、心臓発作で亡くなる可能性を予想することができる。統合失調症に罹るリスクがあるかどうかを識別する遺伝子検査も用意されている。そのような情報が自分達の知らないところで売買されているということは、あまり気分の良いものではないだろう。

だが、これらはまさに現実に起きていることなのだ。「23andMe」や「Ancestry」といった企業は、利用者の遺伝子情報を売却することで利益を上げている。そこである医療分野の新興企業が、ブロックチェーンによってこの問題を解決する方法を示した。

プライバシーが漏洩するという暗黙の了解

上記のDNA検査関連企業の利用者は新たな一歩を踏み出し、オプトアウト(個人データの第三者への提供を本人の求めに応じて停止すること)の権利を行使して、自分達のデータが販売されることを防がなければならない。

利用者のデータを共有したり売却するという暗黙の了解があることや、大半の利用者が複雑で長すぎるサービス規約を読んでいないという事実が、利用者が第三者にデータが売られていることに気づいていないという理由の一つとなっている。

こうしたシステムは合法だが、利用者が気付かないうちに同意を得ているというシステムを構築することは、不誠実だとみなされるだろう。

不誠実で間違ったことを行っているという思いから、TimiHealth会長のジョイス・リグネルは、「顧客の完全な理解と同意の下で医療情報が売買されるよう、規制を設けるべき」と語った。

さらにリグネルは、「複雑なサービス規約と非倫理的で誤ったオプトイン(企業が入手した個人情報の利用などについて、事前に利用者の承諾を得ること)ポリシーのせいで、多くの利用者が非営利の研究のためにデータを提供していると信じている」と付け加えた。

プライバシーを考慮したDNA検査サービス

今月中にも実施される検査でDNAを手に入れることで、消費者はパラダイムシフトを迎えるだろう。

DNAデータをブロックチェーン上で暗号化することで、利用者は遺伝子コードを完璧に管理し、所有権を持つことができる。TimiHealthのプラットフォームによって、利用者は誰がデータにアクセスできるかを決められるだけではない。データを売却することで、利益を得ることもできるのだ。

プラットフォーム上でデータを売却した際は、その遺伝子コードを持つ者が利益の70%を手に入れる。しかもそれは所有者の許可がなければならない。TimiHealth設立者のウィル・ロウは、「私たちはDNAデータの購入者を消費者の元へ連れていくが、データを売るかどうかの判断は消費者次第だ」と語る。

医療問題を解決するブロックチェーン

しかしながら、ブロックチェーンの優れたアプリケーションによって解決できるのは、プライバシーとデータの所有権という問題だけではない。TimiHealthはDNAの専門企業ではない。本来は医療分野の情報交換を主に扱っているのだ。

TimiHealth(またはTimiCoin)のホワイトペーパーによると、「様々なソースによって情報が個別に作成され、分断されているせいで、個人の医療データが非効率的に、そして非効果的に利用されている」ことが問題なのだという。さらにプライバシーの問題と相手側に有利となるという懸念から、組織間のデータ共有も二の足を踏んでいるのが現状だ。

DNAデータの所有権は未来図の一部に過ぎない。同社が目指しているのは『医療情報交換(Health Information Exchange、HIE)』を確立することである。このプラットフォームが主流となれば、DNAデータに関するすべてが医療データに適用できるだろう。

企業がすべてを管理していた従来の中央集権型システムが、科学技術によって進化していることを消費者は理解している。つまり私たちのシステムのように、消費者に権利と管理を移行した本来あるべき姿へと変わりつつあるのだ。消費者がデータの価格を決め、その結果としてビジネスモデルが変化する瞬間を、私は目にしている。(リグネル)

参考元:Bitcoinist.com

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.