Gincoが日本マイクロソフトと提携|ブロックチェーンサービス「Ginco Nodes」を開始

株式会社Ginco(本社:東京都港区、代表取締役:森川夢佑斗、以下Ginco)は2月19日、日本マイクロソフト株式会社と提携し、ブロックチェーンサービスの開発時に必須となるノードのホスティングとAPI提供を行う「Ginco Nodes」の提供を開始することを発表した。

現在開発中のGinco Nodes β版は3月初旬にローンチを予定、現在は試用キャンペーンを実施中。
一般の生活者にブロックチェーンの恩恵を届けていくため、ブロックチェーンのインフラを整備し、一般の事業者様がサービス開発に取り組める環境づくりをしていくようだ。

 

ハードルの高いブロックチェーンサービスの開発

■事業者がブロックチェーンでやりたいこと・作りたいものに集中できない現状

従来、ブロックチェーンサービスの開発を行うには、システムインフラとなるノードの構築・保守・運用に人的コストをかけざるをえない。また、対応するブロックチェーンごとにAPIなどの整備状況もまちまちで、多くの開発者が基礎的なノード運用に苦慮している現状である。


Gincoはこの課題を解決し、ブロックチェーンを利用した事業の立ち上げに集中できるようにするため、ウォレット開発で培ってきたノード・APIを、事業者の皆さまに活用していただけるインフラサービスを構築。

このインフラをフルマネージドなクラウドサービスにするために、これまでBaaS(Blockchain as a Service)の提供に注力してきた日本マイクロソフト株式会社と提携し、開発に取り組む。

 

ウォレットで培ったフルマネージドなブロックチェーン環境を展開

■6種類のブロックチェーン環境でノードの運用代行と拡張APIを提供

Ginco Nodesによって、事業者は、サービスのインフラにかけるコストを変動費に変換し、柔軟かつスピーディに開発に取り組めるようになる。

Ginco Nodesはマルチブロックチェーン・フルマネージドな日本初のノードホスティングサービス。

構築や維持・運用が面倒なブロックチェーンノード、トランザクション監視APIなどにGinco Nodesを利用すれば、ブロックチェーンサービス開発時の難所と言われてきたポイントで詰まることなく、すぐにサービスを開始できる。

また、1年以上Gincoアプリを提供していく中で培ったノウハウを駆使し、インフラの冗長性は高い水準を実現しており、可用性は99.99%超という。

さらに、日本リージョンから提供する事で、レイテンシー(遅延)を感じさせないインフラを提供。

Ginco Nodesを導入することで、ブロックチェーンサービスの開発者は、システムの開発コストや維持コストを大幅に抑えながら、Bitcoin・Ethereum・XRPといった複数のブロックチェーンの機能をフル活用できる。


導入予定企業一覧(2018年2月19日時点)

現在ブロックチェーンサービスを開発中の事業者も、すでに導入が決定。
※アルファベット・50音順

■CryptoGames株式会社

ERC721上に記録されたカードでバトルを行うブロックチェーンTCG「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」で導入予定。事前登録ユーザーは5000人を超えており、正式リリースは本年春を予定。
https://cryptogames.co.jp/

■double jump.tokyo株式会社

ブロックチェーンを利用したワーカープレイスメント型RPG「My Crypto Heroes」のノードとして導入予定。
https://www.doublejump.tokyo/

■Etheremon

ブロックチェーン上の資産となるモンスターの育成・バトル・冒険を楽しむ分散型ゲーム「Etheremon」のノードとして導入。
https://www.etheremon.com/

■株式会社catabira

ブロックチェーンビジネスのためのデータ・アナリティクスプラットフォーム「catabira.com(ベータ版提供中)」のデータソースの1つとして導入予定。
https://www.catabira.com/

■株式会社スマートアプリ

スマートフォン向けDAppsブラウザ機能付き仮想通貨ウォレットアプリ「GO!WALLET」の基盤ノードとして導入予定
https://www.go-wallet.app/

β版無料キャンペーンを実施

また、本リリースから2/28までに下記のフォームからお問い合わせいただいた事業者を対象に、試用期間を無料提供。

 

日本マイクロソフトからのコメント


日本マイクロソフト株式会社は、株式会社Gincoのブロックチェーン事業において、日本初となるフルマネージドノードサービス&API開発のための協業および Microsoft Azure 上での共同開発開始を心より歓迎いたします。

これまで Microsoft Azure が提供してきた Blockchain as a Service(BaaS)の技術と、Gincoが提供するパブリックブロックチェーンのインフラ構築技術を組み合わせることで、ブロックチェーンサービスの開発者が、作りたいサービスの開発だけに集中して取り組むことができる環境を構築することができます。

新たなブロックチェーンビジネスを展開する株式会社Gincoとの協業が、国内ブロックチェーン業界全体の発展に寄与できること、そしてブロックチェーン技術の更なる普及・発展に繋がることを期待しております。

日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員
クラウド&エンタープライズビジネス本部
本部長 浅野智

 

 

 

 

株式会社Gincoについてはこちら

【初心者向け】仮想通貨のウォレットとは?その種類と活用法を徹底解説!

Ginco、業務用ウォレットの提供開始|仮想通貨事業者の支援へ

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.