GMOアプリ『キャプテン翼 ZERO』|3月からビットコイン配布

 GMOインターネット株式会社は1月28日、同社が開発したゲームアプリ内で報酬として仮想通貨を配布できる「CryptoChips byGMO」を、「Whimsical War」に続く対応ゲーム第二弾として、リアルタイムサッカーシミュレーションRPG『キャプテン翼ZERO~決めろ!ミラクルシュート~』に実装することを発表した。2019年3月より対応予定。
 
また今後、ビットコインを配布するイベントを企画しており、イベントへの参加方法など詳細は、後日アプリ内でお知らせがある。

「CryptoChips」によるゲーム内での仮想通貨の配布についてはこちらを参照
ゲームアプリの報酬にビットコイン!-GMOが新サービス開始
 「ウィムジカル ウォー」では、ゲーム内のプレイヤーランキングに応じてビットコインを報酬として配布するイベントを定期的に実施。
初回からの3回だけでも累計1,494名へ、総額32万3,100円相当のビットコインを配布。また、2018年9月には総額300万円相当のビットコインをかけた、公式リアル大会ジントリチャンピオン
シップを実施し、大盛況となった。
 今後、『キャプテン翼ZERO』においても、仮想通貨の配布によりゲームを盛り上げ、より一層ユーザーにゲームを楽しめる企画を行う。


【『キャプテン翼ZERO』ゲーム概要】

 スマートフォン向けゲーム『キャプテン翼ZERO』は、主人公・翼たちの成長譚
を体験できるリアルタイムシミュレーションサッカーゲーム。
オートで進行する試合モードでは、必殺技などを繰り出すことができる。
 また、メインシナリオモードでは、新作TVアニメ「キャプテン翼」の世界を完
全に再現。会話形式で展開するシナリオの中では、戦いを通じて翼たちがサッカー
プレイヤーとして成長していく姿が描かれており、「キャプテン翼」を追体験できる。
そのほか、サブシナリオも用意されており、「キャプテン翼」
に登場する無名校等のエピソードも楽しめる。さらに、シナリオ
モードではそれぞれの学校の選手や技を入手することができ、試合モードで
オリジナルチームを編成することができる。シナリオ以外にも、ログイン
ボーナスやガチャ機能、各種イベントなど多数用意されている。

■タイトル    :キャプテン翼ZERO 決めろ!ミラクルシュート
■ジャンル    :サッカーシミュレーションRPG
■価格      :基本プレイ無料(アイテム課金あり)
■配信マーケット :App Store / Google Play
■対応環境    :Android 4.4以降(RAM 2GB以上推奨)
          iOS 8.0以降iPhone 5s以降、iPod touch第6世代以降
          iPad第5世代以降、iPad mini2 以降、iPad Air
          ※一部端末には対応しない場合があります
          ※動作確認済端末であってもご利用状況によって正常に
           動作しない場合があります
■開発元   :(c)2018 GMO Internet, Inc.
■配信元   :(c)GMO GP, Inc.
■著作権表記   :(c)2018 GMO Internet, Inc.
        :(c)GMO GP, Inc.
        :(c)高橋陽一/集英社・2018 キャプテン翼製作委員会

※App Storeは、Apple Inc.の商標です。
※Android、Google Playは、Google Inc.の登録商標または商標です。
※その他記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

【GMOインターネット株式会社】 (URL:https://www.gmo.jp/ )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
     ■インターネット広告・メディア事業
     ■インターネット金融事業
     ■仮想通貨事業
資本金  50億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.