決済や投げ銭にも使える!初の国産仮想通貨モナコイン(MONA)とは?

「正体不明の日本人が開発している国産仮想通貨が存在する」

なんだか怪しく感じた方もいるかもしれません。

「モナコイン」と呼ばれるこの仮想通貨は、市場で取引される量のほとんどが国内で流通しています。

そして、国内にコアなファンを持ち、独自の経済圏を築いているちょっと変わった仮想通貨です。

「仮想通貨」と聞くと投機のイメージが先行してしまい、お金儲けのツールだと感じている方もいるのではないでしょうか?

モナコインは違います。

主に国内のコアなモナコインのファンたちは、その使い途となる様々なサービスを自主的に開発しており、現在でも実際に使われているのです。

そこで、この記事では、

・モナコインとは何なのか?
・どんな店舗やサービスにモナコインが使えるのか?
・モナコインはどこで手に入るのか?

という点について、具体的に解説していきます。

この記事を読み終わる頃には、いかに独特なモナコイン経済圏が形成されているのか分かるはずです。

もしかすると、モナコインを使ってみたくなるかもしれません。

モナコイン(MONA)とは?決済に使える初の国産仮想通貨

モナコインは2013年12月に、日本の掲示板サイト「2ちゃんねる」(現5ちゃんねる)上で公開された仮想通貨です。

名前の由来は2ちゃんねるで用いられていた「オマエモナー」という有名なアスキーアートだといわれています。

モナコインのロゴ
出典:https://monacoin.org/

モナコインの開発者は、Mr.Watanabeという正体不明の人物。日本人といわれているものの、その正体は明らかになっていません。

ビットコインと同様、モナコインはインターネット経由で使えるデジタルなお金です。「ブロックチェーン」という暗号技術によって、モナコインの取引が可能になっており、その機能はすべてプログラミングによって実現されています。

✓ブロックチェーンとは?

冒頭でも記したように、モナコインは日本人によく利用される仮想通貨です。2018年11月8日時点における、過去24時間にモナコインとトレードされた通貨の割合を見ると75%以上が日本円であり、80%以上が日本の仮想通貨取引所「bitbank」で取引されていることがわかります。

2018年11月8日時点におけるモナコイン取引のデータ(過去24時間)

出典:https://coinlib.io/coin/MONA/MonaCoin

決済スピードが速いモナコイン(MONA)|比較

モナコインは「アルトコイン」というジャンルに分類されている仮想通貨です。

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことで、基本的にはビットコインの抱える問題やビットコインには無い機能を実現する目的で開発されています。

モナコインはビットコインと比較して、決済スピードが速いのが特徴です。

※2018年11月8日時点

  ビットコイン モナコイン
決済スピード 平均約10分
※取引が確定したと
見なせるまでには約60分
平均約1.5分
※取引が確定したと
見なせるまでには約40分
時価総額 1位
(約12.7兆円)
86位
(約83.2億円)
開発者 独立した技術者たち
(初期の開発者はSatoshi Nakamoto)
Mr.Watanabe

 

一般的に仮想通貨は相手へ送られてから、その取引が確定したと見なせる状態に至るまでに少し時間がかかります。

また、発行済み仮想通貨の価値を、法定通貨建てで評価したものが時価総額です。もっとも時価総額の高いビットコインと比べると、モナコインの時価総額は1,000分の1にも満たないですが、1,000種類以上ある仮想通貨のなかでは上位に位置している銘柄だといえるでしょう。

モナコイン(MONA)に欠陥?!2018年5月に発生した事件を解説

この記事を読んでいる方のなかには、2018年5月中旬に起きたモナコインへの攻撃について知っている方もいるかもしれません。

モナコインブロックチェーンの性質と海外取引所のセキュリティの甘さを突かれて、当時のレートで約1,000万円分の資産が取引所から不正に引き出されたのです。

当時、「モナコインが攻撃され、ブロックチェーンの安全神話が崩壊した」という誤解を招きかねない報道が一部で行われていました。しかし、これはブロックチェーンの欠陥ではなく、取引所のセキュリティの甘さを要因とした事件です。

すでに国内の取引所は類似の攻撃への対策が行われており、モナコイン自体も対策プログラムを実施しているので、基本的には心配は要りません。

モナコイン(MONA)はサービスや店舗の決済に使える!【事例紹介】

冒頭でも触れたように、国内のファンによってモナコイン決済に対応した様々な対応サービスが開発・運営されています。コミュニティによって支えられた独特な経済圏を持つのがモナコインの特徴だといえるでしょう。

ここでは店舗型とWeb型の2つの形態に分けて、モナコインが使えるサービスを紹介していきます。

なお、モナコイン決済や投げ銭ができるサービスは以下のサイトでまとめられています。

出典:https://monazon.jp/

モナコイン(MONA)決済ができる実店舗

MONA BAR TOKYO(東京)

出典:http://monabar.tokyo/

 

モナコインを全面に出したのが東京都・高円寺にある「MONA BAR TOKYO」です。写真にもあるように、モナコインのロゴをモチーフにした料理が提供されており、決済もモナコインで行うことができます。

「MONA BAR TOKYO」では他の仮想通貨での決済も可能ですが、公式Webサイトが公開しているアンケートによると、仮想通貨決済を選択するお客さんの約78%がモナコインで決済しているようです。

うなぎ料理専門店 川昌(埼玉)

出典:https://twitter.com/kawashou1222

一部の仮想通貨好きのなかで有名なのが「うなぎ料理専門店 川昌」です。現在8種類の仮想通貨決済に対応しており、モナコイン決済も可能となっています。

また、Twitterをフォローすると美味しそうな賄い料理やうなぎ料理の写真が流れてくるので、仮想通貨に関係なくフォローすると良いかもしれません。

モナコイン(MONA)を利用できるWebサービス

Ask Mona(掲示板)

出典:https://askmona.org/

「Ask Mona」は、モナコインの投げ銭機能付きのWeb掲示板で、比較的初期から使われています。

tipMONA(SNS上の投げ銭サービス)

出典:https://twitter.com/tipmona

「tipmona」は、Twitter上でできるモナコインの投げ銭サービスです。

「@tipmona 数量 @投げ銭相手のアカウント」とTwitter上でつぶやくと、指定した相手にモナコインを送ることができます。

tipmonaはイラストなどの作品への投げ銭や日常的なコミュニケーションとして行われること多いです。Twitterで「tipmona」と検索すると、毎日投げ銭が行われているのが分かります。

オダイロイド

出典:https://twitter.com/odairoid_001

「オダイロイド」は投げ銭サービスに似ていますが、お題に対して最もリツイートといいねが付いたリプライをしたアカウントに対して、モナコインが賞金として送られるサービスです。

ツイキャス(ライブ配信サービス)

出典:https://twitcasting.tv/

ライブ配信サービスの「ツイキャス」は、モナコインとビットコインの投げ銭機能が利用可能です。ライバー(配信者)に対してチャット上でモナコインを送れます。

モナバコ(仮想通貨付きQ&Aサービス)

出典:https://monabako.com

「モナバコ」は、仮想通貨を付けて質問できるQ&Aサービスです。モナコインを付けて質問することで、優先的に回答を得られるかもしれません。

Twitterで「#monabako」と検索すると回答がたくさんヒットします。

モナコイン(MONA)の買い方・売り方

国内でモナコインを手に入れる方法は3つあります。

  1. 高性能なコンピュータを用いた計算競争で世界1位になる(マイニング)
  2. 仮想通貨取引所でモナコインを購入する
  3. 創作物を公開したり、誰かの役に立って、モナコインを投げ銭でもらう

1の手段はかなり費用がかかるため、基本的には仮想通貨取引所で購入するか、先ほど紹介したWebサービスを利用してモナコインをもらうのが現実的でしょう。

モナコインをもらいたい場合、初めての人が一番手軽なのは「オダイロイド」かもしれません。

日本でモナコイン(MONA)を買うなら仮想通貨取引所を使おう

「仮想通貨取引所」とは、日本円と仮想通貨を交換・取引するサービスのことです。

取引所で口座を開設するには運転免許証などによる本人確認が必要ですが、その他は通常のWebサービスと同じ感覚でメールアドレスとログインパスワードを設定すれば利用できます。

現在、モナコインを取引できる日本の取引所は以下の通りです。

※参考:モナコインを取引できる国内の仮想通貨取引所【一覧】

取引所名 売買できる仮想通貨
bitbank(ビットバンク) ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MONA)
リップル(XRP)
BITPoint(ビットポイント) ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
bitFlyer(ビットフライヤー) ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MONA)
リスク(LISK)
BitTrade(ビットトレード) ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
モナコイン(MONA)
フィスコ仮想通貨取引所 ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
フィスココイン(FSCC)
ネクスコイン(NCXC)
カイカコイン(CICC)

※2018年11月8日現在の情報を元に作成。みなし業者のcoincheck(コインチェック)とフィスコ仮想通貨取引所へ事業譲渡予定のZaif(ザイフ)は除く。

モナコイン(MONA)を取引所以外で保管するには?

取引所が多額の仮想通貨を保有していることは誰でも知っているので、常にサイバー攻撃の対象となっています。したがって、取引所にモナコインを大量に保管しておくのはおすすめできません。

モナコインの保管には専用ツールである「ウォレット」の利用をお勧めします。

おすすめウォレット「もにゃ」

出典:https://monya-wallet.github.io/

モナコイン(MONA)をもっと知りたい人向け【情報まとめ】

もし、あなたがモナコインや仮想通貨を支えている技術について詳しく知りたい場合は、以下の書籍や記事を読んでみてください。

モナコイン(MONA)や仮想通貨の仕組みを知りたい人向け

モナコインの仕組みを知るには、世界初の仮想通貨であるビットコインについて理解するのが一番の近道と言えます。
詳しく仕組みを知りたい方には、以下の記事や書籍がおすすめです。

・ブロックチェーンとは(ChainAge)
https://chainage.jp/knowledge_what-is-blockchain.html

・仮想通貨とは(ChainAge)
https://chainage.jp/knowledge_what-is-crypto-currency.html

・いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み(杉井靖典(著))、2017年、インプレス
http://amzn.asia/d/j4bMdR6

また、ビットコイン誕生の背景となる物語を知ることで、より仮想通貨の面白さが味わえるかもしれません。

・デジタルゴールド―ビットコイン、その知られざる物語(ナサニエル・ポッパー (著)、土方 奈美 (翻訳))、2016年、日本経済新聞出版社
http://amzn.asia/d/7bhi375

・仮想通貨ビットコイン
https://www.netflix.com/jp/title/80154500
※視聴にはNetflixに別途登録が必要です(1ヶ月の無料体験中)

まとめ

モナコインは、初めての国産仮想通貨であり、コアな日本人コミュニティに支えられている独特な仮想通貨です。
今回紹介したサービスがすべて日本語ベースであることからも分かるように、日本人向けのサービスが多いため、「仮想通貨を利用する」という体験をしてみたい方にはちょうど良いかもしれません。

モナコインが利用できる場所やWebサービスは比較的多く存在するため、ぜひ一度この新しいテクノロジーを体験してみてはいかがでしょうか?

▼ほかの仮想通貨についての解説記事はこちら

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.