The DAO事件で誕生した仮想通貨イーサリアムクラシックとは?【ETCの基本】

「イーサリアムとイーサリアムクラシックって何が違うの…?」

この記事を読んでいる方は、このような疑問や興味を持っているのではないでしょうか?

両者は名前は似ていますが、現在はまったく異なる仮想通貨です。

ただ、もともとは同じブロックチェーンの仮想通貨でした。2016年にイーサリアムから分かれて誕生したのが、イーサリアムクラシックなのです。

「そもそも分かれるってなに…?どうして分裂したの?」

このような疑問を持った方もいることでしょう。

そこで、この記事では、

  • イーサリアムクラシックとは何なのか?
  • どうして、2つの仮想通貨に分かれたのか?
  • イーサリアムクラシックはどこで手に入るのか?

という点について、具体的に解説していきます。

この記事を読み終わる頃には、イーサリアムクラシックに関する基本知識を知ることができるはずです。

記事の最後にはブロックチェーンをより深く理解したい方におすすめの記事や書籍を掲載しているので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

イーサリアムクラシック(ETC)はイーサリアムから派生した仮想通貨【基本】

イーサリアムクラシックは、イーサリアムから派生した仮想通貨です。

もともとは同じ仮想通貨でしたが、2016年に起きた「The DAO事件」をきっかけに開発者コミュニティが分裂したことで、イーサリアムクラシックが誕生しました(The DAO事件については次の見出しで説明します)。

他の仮想通貨を同じ様に、イーサリアムクラシックも「ブロックチェーン」によって支えられています。

ブロックチェーンとは、簡単にいえば、銀行や金融機関などの仲介者がいなくても、インターネット上でデジタルな資産を見知らぬ相手と安全に取引できるようにする技術です。

ブロックチェーンのことを詳しく知りたい方は以下の記事や後半で紹介する本を読んでみてください。

✓ブロックチェーンとは?

ビットコインは主に仮想通貨の送金を目的として開発されていますが、イーサリアムクラシックはイーサリアムと同様に、アプリケーション開発のプラットフォームとして利用できます。

アプリケーションとは、「PowerPoint」や「LINE」、「Facebook」のような任意の目的を実現するためのツールのことで、プラットフォームとは、アプリケーションやサービスなどを開発・提供する土台となる環境のことです。

イーサリアムとイーサリアムクラシックを比較してみましょう。

※2018年11月16日時点

  イーサリアム イーサリアムクラシック
決済スピード 平均約15秒 平均約15秒
時価総額 2位
(約2.1兆円)
17位
(約927億円)
発行枚数の上限 なし 約2億1,000万ETC(予定)

※時価総額:発行済み仮想通貨の価値を法定通貨建てで評価したもの

イーサリアムの時価総額と比べると、イーサリアムクラシックの時価総額は20分の1にも達していません。

アプリ開発ができるなど、イーサリアムクラシックの基本機能は、イーサリアムと同じです。

しかし、時価総額からも分かるように、利用者の数はイーサリアムよりもかなり少ないといえるでしょう。実際に、イーサリアムクラシック上で開発されるアプリの種類も少ないのが現状です。

✓数多くのアプリが開発されているイーサリアムとは?

ただ、次に紹介する事件をきっかけとして誕生した仮想通貨であるため、その開発方針はイーサリアムに比べて保守的だといわれています。

イーサリアムクラシック(ETC)誕生秘話!発端は50億円の不正送金【The DAO事件】

「The DAO事件」とは、2016年6月17日に発生したイーサリアムの不正送金事件のことです。

その額は当時のレートで約50億円。

The DAO事件への対応をきっかけに開発者コミュニティの意見が分かれ、最終的にブロックチェーンが分裂することになったのです。

さて、The DAO事件を解説する前に、「ブロックチェーンが2つに分かれる」というのがイメージしづらい方もいるかもしれないので、ブロックチェーンの枝分かれについて解説しておきます。

実はブロックチェーンは、突き詰めると「コード」というコンピュータに命令するための文字列(言語)で書かれたプログラムによって動いています(これは私たちが普段使っているスマホアプリなども同じです)。

このコードによって、ブロックチェーンのルールが記述されているのです。

ブロックチェーンはコードによって動いている
https://unsplash.com/photos/2xEQDxB0ss4
(Unsplashより)

そして、機能改善や不具合の修正などで、ブロックチェーンのルール変更を行う際には、「新しいルールのブロックチェーン」と「古いルールのブロックチェーン」に分かれることになっています。

通常は最終的には全員が新ルールを採用するため、古いルールのブロックチェーンは使われなくなりますが、ある程度の規模のコミュニティが旧チェーンを使い続ける場合に、ブロックチェーンが2つに分かれるのです。

このような枝分かれを「ハードフォーク」といい、ハードフォークが発生すると仮想通貨も2つに分裂します。なお、コードのメンテナンスを行い、機能改善などを行っているのが、いわゆる「開発者コミュニティ」です。

フォークのように途中から分かれる
https://unsplash.com/photos/Z20wtGu1OH4
(Unsplashより)

さて、私たちが使っているスマホアプリなどもプログラムであるため、ときどきバグ(不具合)が発生しますが、多くの場合は開発している企業によってバグが修正され(コードが改修され)、大きな問題が発生しなくて済みます。

しかし、イーサリアムのような「経済的な価値=仮想通貨」を扱うブロックチェーンの場合、コードのバグは大きな被害をもたらすことがあるのです。

そのことを広く知らしめるきっかけとなったのが、The DAO事件でした。「The DAO」は、会社や国のように権力を持って組織全体の舵取りをする管理者が存在せず、コードによって定められたルールに従って投資を行う非中央集権型の投資ファンド(基金)です(参加者は11,000人、約156億円相当のイーサリアムを調達)。

ゆえに、投資先の決定はファンドの参加者による提案と投票によって行われていました。コードによって機能する投資ファンドは、非常に新しい取り組みだっため多くの期待と注目を集めましたが、実はThe DAOのコードにはバグがあったのです。

仮想通貨といえども「経済的な価値」を扱っているので、コードのバグは重大なリスクに繋がります。

案の定、このときもバグを発見したハッカーによって攻撃が実行され、当時のレートで50億円相当のイーサリアムがファンドから不正に引き出されてしまいました。

ファンドが立ち上がってからわずか2ヶ月足らず、2016年6月17日の出来事です。

そして、この不正送金事件への対応をめぐって開発者コミュニティが対立し、後の分裂に繋がります。

非中央集権性を重視したイーサリアムクラシック(ETC)のコミュニティ

The DAO事件への対応として、現在のイーサリアムの開発者コミュニティが採った対応は、「コードを修正して不正送金を無効化する」というルール変更(ハードフォーク)を加えることでした。

中心的な管理者がいないことが特徵であった、The DAOとイーサリアムブロックチェーンのはずが、一部の中心的な開発者の判断によってルール変更の意思決定が行われ、送金が取り消されたのです。

ハードフォーク後の新しいルールに基づくブロックチェーンが、現在のイーサリアムであり、そこでは50億円分の不正送金は無かったことになっています。

しかし、たとえ不正に引き出された仮想通貨だとしても、誰かの意思で取引自体を無効化できてしまうようでは、非中央集権性が失われてしまいます

誰かの意思で取引が変更できず、誰にも止められないことが非中央集権であることの意義なのですから。

そして、このハードフォークに反対した一部のコミュニティが、ハードフォーク後も古いルールに基づくブロックチェーンを利用し続けたため、仮想通貨も分裂し、イーサリアムクラシックが生まれたのです。

イーサリアムクラシックは、このような事件をきっかけとして生まれたので、比較的保守的な開発が行われています。

イーサリアムクラシック(ETC)の買い方・売り方

国内でイーサリアムクラシックを手に入れる方法は3つあります。

  • 高性能なコンピュータを用いた計算競争で世界1位になる(マイニング)
  • 仮想通貨取引所でイーサリアムクラシックを購入する

1の手段はかなり費用がかかるため、基本的には2の仮想通貨取引所が利用されています。

日本でイーサリアムクラシック(ETC)を買うなら仮想通貨取引所を使おう

「仮想通貨取引所」とは、日本円と仮想通貨を交換・取引するサービスのことです。

取引所で口座を開設するには運転免許証などによる本人確認が必要ですが、その他は通常のWebサービスと同じ感覚でメールアドレスとログインパスワードを設定すれば利用できます。現在、イーサリアムクラシックを取引できる日本の取引所は以下の通りです。

※参考:イーサリアムクラシックを取引できる国内の仮想通貨取引所【一覧】

取引所名 売買できる仮想通貨
bitFlyer
(ビットフライヤー)
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MONA)
リスク(LISK)
DMM Bitcoin ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
※証拠金取引でイーサリアムクラシック(ETC)の扱いあり

※2018年11月16日現在の情報を元に作成。みなし業者のcoincheck(コインチェック)、事業譲渡予定のZaif(ザイフ)は除く。
※証拠金取引とは、取引所に保証金を預けることで可能な取引のこと。手持ち資金以上の取引ができるレバレッジ取引などが該当する。

仮想通貨はハイリスク?イーサリアムクラシック(ETC)取引の基本リスクは把握しておこう

基本的に仮想通貨は価格変動が激しいので、購入する際には余剰資金を使うようにしましょう。

また、仮想通貨取引所がサイバー攻撃の被害に遭ったときに備えて、数万円以上の仮想通貨を保有する場合は、専用の保管ツールである「ウォレット」の利用をお勧めします。

  • おすすめのウォレットアプリ:Ginco、コイン相場
  • おすすめのハードウェアウォレット:TREZOR、Ledger Nano S

ウォレットアプリはスマホで手軽に利用できます。
ハードウェアウォレットは高いセキュリティを備えた専用機器です。

イーサリアムクラシック(ETC)をもっと知りたい人向けにおすすめの資料5選【映画・本】

もし、あなたがイーサリアムクラシックや仮想通貨を支えている技術について詳しく知りたい場合は、以下の書籍や記事を読んでみてください。

イーサリアムクラシック(ETC)やブロックチェーンの仕組みを知りたい人向け

イーサリアムクラシックの仕組みを知るには、世界初の仮想通貨であるビットコインについて理解するのが一番の近道と言えます。

詳しく仕組みを知りたい方には、以下の記事や書籍がおすすめです。

・ブロックチェーンとは(ChainAge)
https://chainage.jp/knowledge_what-is-blockchain.html

・仮想通貨とは(ChainAge)
https://chainage.jp/knowledge_what-is-crypto-currency.html

・「いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み」(杉井靖典(著))、2017年、インプレス
http://amzn.asia/d/j4bMdR6

※イーサリアムとイーサリアムクラシックが分裂するきっかけとなった「The DAO事件」についても本の中で紹介されています。また、ビットコイン誕生の背景となる物語を知ることで、より仮想通貨の面白さが味わえるかもしれません。

・「デジタルゴールド―ビットコイン、その知られざる物語」(ナサニエル・ポッパー (著)、土方 奈美 (翻訳))、2016年、日本経済新聞出版社
http://amzn.asia/d/7bhi375

・仮想通貨ビットコイン
https://www.netflix.com/jp/title/80154500
※視聴にはNetflixに別途登録が必要です(1ヶ月の無料体験中)

まとめ

イーサリアムクラシックは、The DAO事件とイーサリアムのハードフォークによって誕生した仮想通貨です。

仮想通貨やブロックチェーンが注目されている理由のひとつとして、「誰にも止められない」「誰かの意思によって不正が行われない」という非中央集権性が挙げられます。

この非中央集権性に疑問が投げかけたのが、イーサリアムとイーサリアムクラシックのハードフォークだといえるでしょう。

現在は、イーサリアムの方が利用者は多いですが、イーサリアムクラシックのコミュニティも積極的な開発と普及活動に努めており、非中央集権性を重視したこのコミュニティがどのように発展していくかは、注目しても良いかもしれません。

なお、本サイトではイーサリアムについても詳しく解説しているので、「イーサリアムってよくわからない」「イーサリアムを活用したアプリの具体例を知りたい」という方はぜひ読んでみてください。

✓イーサリアムとは

▼ほかの仮想通貨についての解説記事はこちら

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.