ビットコインを補完する?仮想通貨ライトコインとは【LTCの基本】

「ビットコインが金なら、ライトコインは銀」

仮想通貨のなかでも、かなり初期に誕生したライトコインは、ビットコインと比較され、このように評価されています。

ライトコインが公開された2011年当時、ビットコインは「送金速度が遅い」などの課題を抱えていることが明らかになっていました。

課題の克服に時間がかかるなか、より速い送金を行えるように開発されたのがライトコインです。

ビットコインよりも発行枚数が多いことや決済目的の通貨としては、ビットコインの次に開発されたことから「ビットコインが金なら、ライトコインは銀」といわれています。

そこで、この記事では、

  • ライトコインとは何なのか?
  • ビットコインと比較してライトコインはどこが違うのか?
  • ライトコインを手に入れる方法は?

という点について具体的に解説しています。

この記事を読み終わる頃には「ライトコインってよくわからない」という方でも、ライトコインの基本についてマスターしているはずです。

また、記事の最後には、ブロックチェーンの仕組みを理解したい方に自信を持っておすすめできる参考記事や書籍を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

ビットコイン(BTC)を補完する仮想通貨ライトコイン(LTC)とは?【基本】

ライトコインは、ビットコインよりも送金スピードが速く、発行量が多い仮想通貨です。

基本的な仕組みはビットコインをベースにしているため、どちらも銀行などを必要としないデジタルな送金システムを実現するという共通の目的を持っています。

目的が同じと書くとなんだか両者が競合しそうですが、ライトコイン自体は「送金スピードが遅い」「送金手数料が高い」などといった、現状のビットコインの苦手とする部分をサポートしながら共存共栄することを意識した仮想通貨です。

実際に、ライトコインを開発したGoogleの元社員であるチャーリー・リー氏は過去に、ライトコインがビットコインを補完する仮想通貨であるという趣旨の記事を書いています

※参考:https://segwit.org/my-vision-for-segwit-and-lightning-networks-on-litecoin-and-bitcoin-cf95a7ab656b

そして、ライトコインもビットコインと同様に「ブロックチェーン」という技術によって実現されています。

ブロックチェーンとは、簡単にいえば、銀行や金融機関などの仲介者がいないインターネット上で、デジタルな資産を安全にやり取りできるようにする技術です。

仮に相手が犯罪者であったとしても、ブロックチェーン上で取引が行われる以上は不正ができません。

さらに、いちどブロックチェーンに記録された取引は、時間が経過するほど改ざん(変更)される可能性がゼロに限りなく等しくなっていくという性質もあります。

ブロックチェーンのことを詳しく知りたい方は以下の記事や後半で紹介する本を読んでみてください。

✓ブロックチェーンとは?

ビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)違いとは?

さて、ここまでの説明では、ビットコインとの違いが分からないかもしれません。 そこで、ビットコインとライトコインを比較してみましょう。 ※2018年11月20日現在

  ビットコイン ライトコイン
送金スピード 平均約10分
※取引が確定したと見なせるまでには約60分
平均約2.5分
時価総額 1位
(約12.7兆円)
7位
(約2,853億円)
発行上限 約2,100万BTC 約8,400万LTC

※時価総額:発行済み仮想通貨の価値を法定通貨建てで評価したもの

 

「送金スピードが遅い」というビットコインの弱点を補完しようとしているだけあって、ライトコインの送金スピードはビットコインと比べるとかなり速いです。

また、最終的にはライトコインの方が、ビットコインの約4倍の発行量となるように設定されています。

この発行枚数の違いからも冒頭で紹介した「ビットコインが金なら、ライトコインは銀」といわれているのが分かるかもしれません(金よりも銀の方が多い、という意味です)。

さらに、常に変動するので表には記載していませんが、ブロックチェーン上で送金するときに発生する手数料もライトコインは低く抑えられており、2018年終盤のアップデートでさらに10分の1の水準に下がる予定です(2018年11月20日現在)。

送金に特化した仮想通貨ライトコイン(LTC)はアメリカを中心に普及しつつある?

「送金速度が速い」「発行量が多い」「手数料が安い」という特徵からも、ライトコインがいかに送金・決済を目的とした仮想通貨であるかが分かるのではないでしょうか?

ライトコインは日本ではあまり人気があるとはいえませんが、実はアメリカでは決済通貨としての利用が進んでいます

例えば、ライトコインとトレードされている通貨のうち約12%は法定通貨のUSドルです(USドルはアメリカの法定通貨)。

したがって、ライトコインがアメリカでよく取引されていることが分かります。

 

ライトコインの12%は法定通貨USドルとトレードされている(2018年11月20日現在)
https://coinlib.io/coin/LTC/Litecoin

 

また、ライトコインはアメリカを中心に展開するいくつかの決済プロバイダーと提携しており、実際に実店舗などでライトコイン決済可能な事例も増えつつあります。

なお、決済プロバイダーとは、実店舗に対して多様な決済手段を提供するためのオンラインサービスを提供する企業のことです(例:PayPalやAmazon Pay、Squareなど)。

これらに加えて、ライトコインの開発者たちは現在、ライトコインの即時着金を可能にする技術の導入実験を進めており、今後は送金の利便性がより向上すると期待されています。

ライトコイン(LTC)の買い方・売り方

ライトコインを手に入れる方法は2つあります。

    1. 高性能なコンピュータを用いた計算競争で世界1位になる(マイニング)
    2. 仮想通貨取引所でライトコインを購入する

1の手段はかなり費用がかかるため、基本的には2の仮想通貨取引所が利用されています。

日本でライトコイン(LTC)を買うなら仮想通貨取引所を使おう

「仮想通貨取引所」とは、日本円と仮想通貨を交換・取引するサービスのことです。

取引所で口座を開設するには運転免許証などによる本人確認が必要ですが、その他は通常のWebサービスと同じ感覚でメールアドレスとログインパスワードを設定すれば利用できます。

※参考:ライトコインを取引できる国内の仮想通貨取引所【一覧】

取引所名 売買できる仮想通貨
bitbank
(ビットバンク)
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MONA)
リップル(XRP)
BITPoint
(ビットポイント)
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
GMOコイン ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
bitFlyer
(ビットフライヤー)
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MONA)
リスク(LISK)
BitTrade
(ビットトレード)
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
モナコイン(MONA)
BTCBOX ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)

※2018年11月20日現在の情報を元に作成。みなし業者のcoincheck(コインチェック)、事業譲渡予定のZaif(ザイフ)は除く。

ライトコイン(LTC)取引の基本リスクは把握しておこう

基本的にライトコインは価格変動が激しいので、購入する際には余剰資金を使うようにしましょう。 また、仮想通貨取引所がサイバー攻撃の被害に遭ったときに備えて、ライトコイン(仮想通貨)を保有する場合は、専用の保管ツールである「ウォレット」の利用をお勧めします。

  • おすすめのウォレットアプリ:Ginco、コイン相場
  • おすすめのハードウェアウォレット:TREZOR、Ledger Nano S

ウォレットアプリはスマホで手軽に利用できます。 また、ハードウェアウォレットは高いセキュリティを備えた専用機器です(数万円以上の仮想通貨を保有する場合はハードウェアウォレットの利用をおすすめします)。

ライトコイン(LTC)をもっと知りたい人向け【情報まとめ】

ライトコインの仕組みを知るには、世界初の仮想通貨であるビットコインとビットコインブロックチェーンについて理解するのが一番の近道です。

詳しく知りたい方は、以下の記事や書籍を読んでみてください。

・ブロックチェーンとは(ChainAge)
https://chainage.jp/knowledge_what-is-blockchain.html

・仮想通貨とは(ChainAge)
https://chainage.jp/knowledge_what-is-crypto-currency.html

・いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み(杉井靖典(著))、2017年、インプレス
http://amzn.asia/d/j4bMdR6

さらに、ビットコイン誕生の背景にある物語を知ることで、より仮想通貨やブロックチェーンの面白さが味わえるかもしれません。

・デジタルゴールド―ビットコイン、その知られざる物語(ナサニエル・ポッパー (著)、土方 奈美 (翻訳))、2016年、日本経済新聞出版社
http://amzn.asia/d/7bhi375

・仮想通貨ビットコイン
https://www.netflix.com/jp/title/80154500
※視聴にはNetflixに別途登録が必要です(1ヶ月の無料体験中)

まとめ

ライトコインはビットコインを補完し、送金・決済に特化した仮想通貨です。

すでに複数の決済プロバイダーと提携し、アメリカを中心とした実店舗への導入が進んでいます。

さらなる利便性の向上を目指して、新しい技術をライトコインに取り入れる取り組みも進んでおり、今後どのように決済手段としてのポジションを確立していくかが注目されるでしょう。

実際にライトコインの送金はビットコインよりも断然速いので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

▼ほかの仮想通貨についての解説記事はこちら

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.