ビットコインがわからない人向け!ビットコイン(BTC)の基本を簡単解説

「ビットコインは法律で認められた決済手段である」――。

こう書くとビットコインを知ったばかりの方は驚くかもしれません。

「ビットコインってなんだかよくわからない」
「怪しいし、お金儲けの道具じゃないの?」

このように感じている方も多いのではないでしょうか?たしかに、ビットコインは価格変動が激しく、投機的な側面が強調されがちです。

しかし、実は「ビットコイン」やビットコインの中核技術「ブロックチェーン」は、インターネットに匹敵するほどの発明だとして世界的に注目されており、いまや多額の資金と優秀な人材が集まる分野に成長しつつあるのです。

そこで、この記事では、

  • ビットコインとは何なのか?
  • ビットコインはどこで使われているのか?
  • ビットコインはどこで手に入るのか?

という点について具体的に解説します。

この記事を読み終わる頃には「ビットコインってよくわからない」という方でも、ビットコインの基本をマスターできるはずです。

正直よくわからない!仮想通貨ビットコイン(BTC)とは?【基本】

ビットコインは、簡単にいえばインターネット上で使えるデジタルなお金です。「ブロックチェーン」という暗号技術によって実現されていて、基本的な機能は全てプログラムによって動いています。

✓ブロックチェーンとは(記事内リンク)

これだけ読むと、なんだかよくわからないと感じるのも不思議ではありません。「電子マネーとはどう違うの?」と疑問に思う方も多いはずです。

そこで、まずはビットコインと日本円(電子マネー)との比較から、その基本的な特徴を理解していきましょう。

ビットコイン(BTC)の基本的な特徴とは?日本円(電子マネー)を比較する

ビットコインと日本円(電子マネー)の基本的な特徴を比較すると、このような違いがあります。

  日本円(電子マネー) ビットコイン
発行者・管理者 日本銀行・日本政府
(電子マネーは運営企業)
いない
強制通用力 ある ない
価値の根拠 国が法的に保証している ない
(諸説あり)

まず、ビットコインには発行者と管理者がいません。取引の正当性は計算によって証明できる仕組みになっています。

そして、ビットコインは法律で認められた決済手段ですが、強制通用力がありません。つまり、商品やサービスの購入者がビットコイン払いを希望しても、販売者はそれを拒否できるのです。

さらに、異論を唱える専門家もいますが、基本的にはビットコインには価値の根拠がないといわれています。

ビットコイン(BTC)の可能性

「誰も管理していない通貨なんて、いつ不正が起こるかわからない」

そう思った方もいるのではないでしょうか?

確かに管理者がいない場合、デジタル通貨をコピーすれば、無限に利用できると思うかもしれません。しかし、ビットコインは暗号技術と計算を活用したコピー不可能なデジタル通貨の仕組みであるため、基本的には不正利用ができません。

「ネット上でコピーできないデータを扱う」仕組みの潜在能力は大きく、価値ある様々なモノの電子化が可能だといわれています。

ビットコイン(BTC)の開発者については基本的なこともよくわからない

実は、ビットコインを創り出したのが誰なのかは未だにわからないのです。

ビットコインの始まりは、暗号学のメーリングリストに投稿された1本の論文でした。2008年10月31日のことです。

執筆者は「サトシ・ナカモト」という人物でしたが、国籍や性別、個人か集団かなど基本的な事も未だに明らかになっていません。

ビットコイン(BTC)はどんな場面に使われているのか?

「ビットコインってどこで使われているんだ?使い方も入手方法もよくわからない」

そんな方のために、ここからはビットコインが基本的な用途や購入方法を解説していきます。

ビットコイン決済が導入されている事例

実は、ビットコインは身近なところで使えるようになりつつあります。

ビックカメラ

(出典:https://www.biccamera.co.jp/shopguide/campaign/bitcoin/index.html

大手家電量販店「ビックカメラ」では2017年7月から、全店舗がビットコイン決済に対応しています。オンラインショップでもビットコイン決済ができます。

使い方がわからないという方は、以下の動画を見ると基本的な決済方法のイメージが付きやすいでしょう。

【動画】ビックカメラのビットコイン決済
※動画は2017年4月6月に公開されたもので、利用上限額や利用可能な店舗が現在とは異なります。

バンドルカード

Visaプリペイドカード「バンドルカード」もビットコインに対応しています。

ただし、基本的にバンドルカードは日本円換算のため、手持ちのビットコインは日本円に交換されてからチャージされます。

【動画】バンドルカードの基本的な紹介動画

法定通貨や銀行を信用できない国や組織にも使われている

店舗やサービス以外にも、ビットコインが使われている事例があります。

世界には自国通貨(法定通貨)や銀行が信用できない環境にある人や組織が一定数存在しており、そのような人たちにとっては、法定通貨に代わる決済手段としてビットコインは有効な選択肢となるのです。

ベネスエラ

南米ベネズエラは、100万%に達するといわれるほどのハイパーインフレーションに苦しんでいます。

インフレーションとは、自国通貨の価値が下がる(つまり物価が上がる)経済現象のこと。

仮に1年間のインフレ率が100万%だとすると、年始に100円で買えた商品が年末には額面約100万円になります。

自国通貨の変動が激し過ぎて使いものにならないため、ベネズエラではビットコインなどの仮想通貨が基本的な決済手段として普及しつつあるのです。

※参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33321800U8A720C1EAF000/(最終アクセス:2018年10月23日)

WikiLeaks(ウィキリークス)

また、銀行や決済サービスを通さずに資金を集めたい組織も存在します。

例えば、匿名で政府や企業に関する機密情報を公開するWebサイト「WikiLeaks」(ウィキリークス)は、資金調達手段としてビットコインを利用しています。

政府や企業などから敵対視されているWikiLeaksは、銀行や決済サービス会社のアカウントがいつ凍結されるかわからないため、ビットコインでの寄付を受け付けているのです。

ビットコイン(BTC)の買い方・売り方

ビットコインを手に入れる方法は2つあります。

  1. 高性能なコンピュータを用いた計算競争で1位になる(マイニング)
  2. 仮想通貨取引所でビットコインを購入する

1の手段はかなり費用がかかるため、基本的には2の仮想通貨取引所が利用されています。

日本でビットコイン(BTC)を買うなら仮想通貨取引所を使おう

「仮想通貨取引所」とは、日本円と仮想通貨を交換・取引するサービスのことです。

取引所で口座を開設するには運転免許証などによる本人確認が必要ですが、その他は通常のWebサービスと同じ感覚でメールアドレスとログインパスワードを設定すれば利用できます。

参考:国内の主な仮想通貨取引所

取引所名 売買できる仮想通貨
bitbank(ビットバンク) ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MONA)
リップル(XRP)
Liquid(リキッド) ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
キャッシュ(QASH)
BITPoint
(ビットポイント)
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
GMOコイン ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
DMM Bitcoin ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
bitFlyer
(ビットフライヤー)
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MONA)
リスク(LISK)
BitTrade
(ビットトレード)
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
モナコイン(MONA)
BTCBOX ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
SBIバーチャルカレンシーズ ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
リップル(XRP)
フィスコ仮想通貨取引所 ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
フィスココイン(FSCC)
ネクスコイン(NCXC)
カイカコイン(CICC)

※2018年10月23日現在の情報を元に作成。みなし業者のcoincheck(コインチェック)、事業譲渡予定のZaif(ザイフ)は除く。

ビットコイン取引の基本リスクは把握しておこう

基本的にビットコインは価格変動が激しいので、購入する際には余剰資金を使うようにしましょう。

また、仮想通貨取引所がサイバー攻撃の被害に遭ったときに備えて、数万円以上のビットコイン(仮想通貨)を保有する場合は、専用の保管ツールである「ウォレット」の利用をお勧めします。

  • おすすめのウォレットアプリ:Ginco、コイン相場、Trust
  • おすすめのハードウェアウォレット:TREZOR、Ledger Nano S

ウォレットアプリはスマホで手軽に利用できます。ハードウェアウォレットは高いセキュリティを備えた専用機器です。

ビットコイン(BTC)をもっと知りたい人向け【情報まとめ】

もし、ビットコインについてより深く知りたいと思った方は、以下の書籍や記事を読んでみてください。

ビットコイン(BTC)誕生秘話を知る

まずはビットコインが誕生したときの物語を垣間見られるドキュメンタリーを紹介します。技術的な話がわからない方でも、物語として楽しめるものを選びました。

デジタルゴールド―ビットコイン、その知られざる物語(ナサニエル・ポッパー (著)、土方 奈美 (翻訳))、2016年、日本経済新聞出版社

仮想通貨ビットコイン※視聴にはNetflixに別途登録が必要です(1ヶ月の無料体験中)

ビットコイン(BTC)の仕組みを知る

また、ビットコインを支えている「ブロックチェーン」について詳しく知りたい方はこちらの記事や書籍がおすすめです。

ブロックチェーンとは(ChainAge)

仮想通貨とは(ChainAge)

いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み(杉井靖典(著))、2017年、インプレス

まとめ

ビットコインは管理者がいなくても正常に動くデジタル通貨のシステムを世界で初めて実現しました。いまではビットコインとそれを支えるテクノロジーは、多くの国や企業、投資家の注目を集めています。

今後ビットコインがどうなるかは誰にもわからないですが、今この瞬間も世界中の優秀な技術者がより利便性を高めようと開発をしており、将来的には法定通貨と並ぶ決済手段として普及しているかもしれません。

▼ほかの仮想通貨についての解説記事はこちら

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.