カナダでの大麻購入にはMonero(モネロ)等の匿名性の高い仮想通貨が最適|専門家が分析

キプロスに本部を置く仮想通貨取引所etoro(イートロ)のシニアマーケットアナリストは、カナダで匿名性の高い仮想通貨の利用が「ほぼ確実に」増えるだろうと分析している。同国では、市民が現金で大麻を購入する際、個人情報が流出しないよう、公に注意を呼びかけている。

2018年10月17日、カナダでは嗜好用大麻が合法化された。しかし今のところ、世界の大半の国でそれは違法とされている。それゆえに大麻使用者の個人情報の取り扱いには特に注意が必要なのだ。

レポートによると、「たとえ合法的に大麻を購入していたとしても、いくつかの国は購入者の入国を拒否するかもしれない」という。

そうした理由から、カナダの政府機関プライバシーコミッショナーは、大麻使用者が不要な個人情報を販売者側に与えないよう、公式に警告している。さらに使用者がクレジットカードでの購入をためらっているのであれば、現金を利用するよう勧めている。

当局は、次のように注意を呼び掛けている:

クレジットカードを使用する際、もし可能であれば、大麻購入には現金の使用をご検討ください。

匿名性通貨の幕開け?

イートロのシニアマーケットアナリスト、マティ・グリーンスパン氏は、「これでほぼ確実に匿名性の高い通貨、特にDash(ダッシュ)、Monero(モネロ)の利用がカナダで増えるでしょう」と述べている。

カナダは歴史的に仮想通貨の受け入れに積極的な姿勢を示してきた。2018年初めには、仮想通貨を標的とした税制改革は行わないことを当局が決定している。

加えて、同国での仮想通貨の所有率は高まり続けている。今年のBitcoinistが報じたが、少なくとも4つの異なる研究機関の調査により、カナダでは3~5%の人々がビットコインを所有していることが明らかになっている。

参考元:Bitcoinist.com

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.