博報堂、ソーシャルグッド活動推進プラットフォーム「GiverCoin(ギバーコイン」を共同開発

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)が発足した「HAKUHODO Blockchain Initiative」(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)は、ブロックチェーン技術を活用し、生活者がソーシャルグッドな(社会に貢献する)活動をすると貢献スコアとしてトークンが付与されるプラットフォーム「GiverCoin(ギバーコイン)」を、トークンポケット株式会社(東京都世田谷区、代表取締役:林田智樹)および有限会社ズィープロダクション(東京都中央区、代表取締役社長:清水喜之)と共同開発いたしました。

SDGs(持続可能な開発目標)への関心が世界的に高まる中、SDGsの17の目標に資する具体的な事業活動に取り組む企業が急速に増えてきています。一方で、SDGsのさらなる浸透、そして達成には、生活者一人ひとりが自分ごと化し、ソーシャルグッドな行動に移していくことが求められています。

「GiverCoin」は、デジタルアセットを安全に管理できるブロックチェーン技術を活用した、生活者参加型の新しいソーシャルグッド活動推進プラットフォームです。専用のスマートフォンアプリ「GiverCoinApps(ギバーコインアプリ)」を通じて、企業やNPOのソーシャルグッドなサービスへの利用申込が完了すると、貢献スコアとしてアプリ内のウォレットにGiverCoinが付与されます。

一定のGiverCoinを集めると、生活者は企業・NPOが実施するイベントへの参加権などを得ることができます。本プラットフォームを通じて、企業・NPOの活動やサービスへの認知向上や興味喚起を図るだけではなく、生活者のソーシャルグッドな活動への能動的な参加を促すことが可能になります。

今後は、賛同していただける企業やNPOを増やし、GiverCoinAppsと連携するソーシャルグッドなサービスを拡大してまいります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523384_02.pdf

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.