インテック、富士第一銀行が独自仮想通貨の実証実験を開始

富山県の株式会社インテックと株式会社富士第一銀行は、ブロックチェーン技術を応用した行内仮想通貨の実証実験を11月28日より開始した。

日本円連動の円ペッグ仮想通貨である「First Bank Coin(FBC)」を発行し、送金、決済、残高照会のほか、本店内での商品の購入などが行えるということだ。

通貨の詳細やメリット、今後の展開について詳しく見ていこう。

インテックと富士第一銀行が共同で実験を開始

インテックと富士第一銀行は、「ブロックチェーン技術とキャッシュレス決済の有効性を検証するため」に実験を行うとしている。具体的には実証実験を通じて、

  • ブロックチェーンの正確性
  • キャッシュレス決済の有効性
  • 利用者の操作性
  • 取引情報の履歴の確認
  • デジタル通貨流通量の状態確認
  • システムの処理性能
  • 運用操作性、拡張性、障害時の回復性

を確認する。

なお、システム開発はインテックが担当し、富士銀行は実験フィールドの提供と価値評価を行う。

ブロックチェーン技術を応用した独自デジタル通貨

実証実験では、ブロックチェーン技術を応用した独自の仮想通貨「First Bank Coin(FBC)」を発行する。

FBCは、全国銀行協会が設置した「ブロックチェーン連携プラットフォーム」を使用してデジタル通貨の処理を行う。

円ペッグ仮想通貨といい、実質的に日本円と連動しているステーブルコインという位置づけになる。

「First Bank Coin(FBC)」利用の流れ

FBC利用の流れは以下のとおりだ。


富士第一銀行に「デジタル通貨(仮想通貨)専用の口座」を開設

行員が振り込んだ日本円と同額のFBCを発行(1円=1FBC)

インテックと富士第一銀行共同開発のスマホアプリ「First-B Pay」を使用して利用可能

このように、振り込んだ日本円と同額のFBCが発行され、スマホアプリを使用して利用することができる。

具体的には、

  • 本店内売店での商品購入
  • 行員の個人間送金
  • 残高照会

これらのことができ、売店で商品を購入する場合には、商品についているQRコードをスマートフォンで読み取ることで決済が完了するという便利な機能がある。

今後の展開

今回の実証実験で得た結果をもとに、利用状況の分析や今後地域通貨として想定される課題の抽出などを行うということだ。

また、IoTやAI技術と組み合わせ、シェアリングエコノミーでの活用も検討するとしている。

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.