2019年、ビットコイン価格は2万ドル超に|著名投資家ノボグラッツ氏

なぜ億万長者はビットコインの価格予想にこだわるのだろうか?2018年は予想と修正、そして撤回に満ちていた。そして今度は元ゴールドマン・サックスの著名投資家マイク・ノボグラッツ氏である。

高値切り下げが新たな目標

先日行われたフィナンシャルニュースのインタビューで、ビットコインの強気筋でありギャラクシー・デジタル社CEOのマイク・ノボグラッツ氏は、ビットコイン価格はここ最近の低迷を脱するだろうと述べている。

その上で、機関投資家や仮想通貨のカストディサービス業者が通貨への関心をふたたび呼び起こし、来年には価格が2万ドルに復帰すると予想している。同氏は、「ビットコインは6,800ドルの壁を打ち破らなければならない。そうすれば、年末には8,800ドルから9,000ドルで終えることができるだろう」と強調する。

ノボグラッツ氏はさらに、「来年の第1四半期末には10,000ドルを超え、新たな最高値20,000ドルかそれ以上に達するだろう」と語る。一部の夢見がちな仮想通貨アナリスト同様、ノボグラッツ氏はBakktやフィデリティ・デジタル・アセット・サービス、そして機関投資家が市場を新たな高みへと導いてくれると信じている。

一方、米国証券取引委員会のビットコインETFの承認可否による市場の揺り戻しがある可能性については触れず、「(ETFが)すでに販売されているかのごとく」、「機関に対するFOMO(見逃されてしまうことへの恐れ)」が市場をさらなる最高値に導くだろうとの強気の姿勢を崩していない。

水晶玉は誰の手に?

数々の著名なアナリスト、CEO、そして仮想通貨のインフルエンサーがビットコインの目標価格を発表してきたが、それはことごとく外れた。そして年末が近づくにつれ、多くの人々が以前の価格を再設定したり、新たな予想を発表している。

先週、CNBCの仮想通貨アナリスト、ラン・ノイナー氏はビットコインの予想価格が「複雑過ぎてわからない」という意見に改めた。また、BitMex社CEOのアーサー・ヘイズ氏は2018年末までにビットコインの価格が5,0000ドルに達すると予想していたが、「18ヶ月におよぶ下げ相場の影響で2,000ドルまで下がり、その後ゆっくりと回復する」というかなり悲惨な見通しへと修正した。ファンドストラット社アナリストのトム・リー氏もビットコインのピボット(テクニカル指標の一つ)を変えてきたが、予想価格を20,000ドルから25,000ドルで維持している数少ないアナリストの一人である。そして今度はノボグラッツ氏が、壊れた水晶玉を手に発言を撤回するという人々に加わるのだろうか。

ビットコイン価格の予想と撤回が続く中、9件のビットコインETFに関する米国証券取引委員会からの発表が待たれている。

参考元:Bitcoinist.com

2019年初頭までに機関投資家の資金が仮想通貨に流入|マイク・ノボグラッツ
https://www.chainage.jp/novogratz-institutional-bitcoin-2019.html

©2018 Worldgo,kk. All Rights Reserved.

 

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.