9つのビットコインETFの承認を却下ー米SEC

アメリカ証券取引委員会は22日、プロシェアーズとディレクシオン、グラナイトシェアーズが申請していた計9つのビットコインETF(上場投資信託)の承認を却下すると発表した。これにより、現在、可否の判断を待つビットコインETFは、シカゴオプション取引所(CBOE)のもののみとなった。

SECは承認を却下した主な理由として、上場先として選定されている取引所の内部管理体制の脆弱性を指摘。市場操作や詐欺への対策がSECの求める基準に達していないと強調した。

一方、ビットコインやブロックチェーン技術に対しては、「技術革新や投資の手段として全く無価値ということではない」との考えを示した。

なお、CBOEのビットコインETFについては、9月30日までに承認可否の判断がなされる見通しだ。

揺れる相場

ビットコインETFの承認可否に関するニュースは、市場心理に少なからず影響を与える。相場が上下するタイミングが明白な状況下では、それ以前にビットコインを買っておけば、損害を被ることが少ないためだ。

出典:coincheck

 

実際、プロシェアーズのビットコインETF承認可否判断が数日後に迫ったことを各メディアが報じたことを受け、ビットコイン相場は上昇。承認が却下されたことで、市場では売り注文が相次ぎ、価格は下落に転じた。

今回のSECの判断で、残るビットコインETFは1つとなった。その判断がなされる前後でも、ビットコイン相場は今回と同様の値動きをすることが予想されるため、注視が必要だ。

 

 

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.