ウェディングコンテストでブロックチェーン活用の投票審査システム採用

ブロックチェーンを利用した投票審査システムが、2月18日に開催されるウェディングモデルコンテスト「第1回ベスト・オブ・ウェディング2019(https://bestofwedding.jp/)」で採用される。SakuraBloom(SKB)の発行及びスマートコントラクトを利用したデジタルコンテンツサービスを展開する株式会社NEGTEC(代表取締役:廣野高一)が1月28日に発表した。同社が手掛けるSKBコインとブロックチェーンを利用した寄付型ポータルサイト「DREAM CREW(https://dream-crew.com/)」を活用する。同社によると、こうした取り組みは日本初という。

​ブロックチェーンを用いた投票システムについて

ベスト・オブ・ウェディングの選考方法は、関西のホテルやゲストハウスから招いた審査員による「審査員投票」の他に、一般から投票審査に参加できる「ネット一般投票」と「来場者一般投票」が用意されている。「ネット一般投票」と「来場者一般投票」では「寄付型ポータルサイトDREAM CREW」にてSKBコインを投票ポイントとして使用し候補者を応援することが可能となる。

SAKURA BLOOM(SKB)とは

各種イベントや利用可能店舗で利用できるサービスコイン。
SKBWallet(https://web.skb-coin.com/)という専用ウォレットが利用可能。

SKBを取得するには

Coinbene(https://www.coinbene.com/)
MERCATOX(
https://mercatox.com/)
STEX(
https://stocks.exchange/)
NERAEX(https://neraex.pro/)
これら4つの取引所で交換できる。

DREAM CREWとは

昨今話題のクラウドファンディングを自社発行の仮想通貨SKBで行っている支援サイト。登録しているのはアイドルやタレントのほか、格闘家などもいる。サポーターは、サポートしたコインの枚数に応じてリターンを選ぶことができる。


​ベスト・オブ・ウェディングとは

昨今、関西のウェディング事情は入籍されるカップルが年々減少し、2017年度で約7万組になり、その内挙式を挙げないカップルが約20%もいるという中、会場、衣装、結婚式への憧れを喚起し、関西のブライダル業界を活気づけることを目的に今回のベスト・オブ・ウェディングを開催する。
2019ベスト・オブ・ウェディングは、幸せ体感型ウェディングイベントとして、特に、ホテルウェディング、ゲストハウスウェディングならではの素晴らしさを表現。
ミス・ウェディングモデルコンテストあり、ショーステージあり、占いコーナーありパーティありエンターテインメントでお届けするウェディングフェスティバルとなる。

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.