ラジオでブロックチェーンゲームのアイテムを受け取る|「TokenCastRadio」試験放送

 トークンポケット株式会社(東京都世田谷区、代表取締役:林田智樹)は2月6日、ブロックチェーン技術を活用したデジタルアセットのリアルタイム配布メディアサービス「TokenCastMedia」の第一弾として、ブロックチェーンゲームのキャラクターやアイテムをラジオ番組の放送中にリスナーに リアルタイムで配布する「TokenCastRadio」の試験放送を共同で実施することを発表した。

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)が発足した「HAKUHODO Blockchain Initiative」(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ)の提供する、ブロックチェーン技術を活用して、トークンとして実装されたデジタルアセットを、番組をリアルタイムで視聴している生活者に対して一斉配布できるサービス「TokenCastMedia」の第一弾のサービスとして、ブロックチェーンゲームのキャラクターやアイテムをラジオ番組内でリスナーに配布できる「TokenCastRadio」の試験放送を、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、株式会社毎日放送、株式会社フランジア、エヴィクサー株式会社と共同で実施する。

株式会社フランジアが開発したブロックチェーンゲームでトークンとして実装されたキャラクターやアイテムの情報を、株式会社毎日放送がラジオ番組内で透かし音として放送し、スマートフォン側のトークンポケット株式会社のDappsブラウザアプリで検出して、リスナーが放送中に受け取ることができる「TokenCastRadio」の試験放送を実施する。

・Dappsについてはこちら

DAppsとは?定義や人気ランキングをまとめて紹介【基本解説】


□TokenCastMediaについて


「TokenCastMedia」は、デジタルアセットの所有権を安全かつ迅速に移転できるブロックチェーン技術の特徴を応用し、トークンとして実装されたデジタルアセットの情報を埋め込んだ透かし音を放送してスマートフォンのアプリで検出することで、リアルタイムで番組を視聴している生活者だけが放送中にデジタルアセットを受け取ることができる、これまでにない生活者参加型の新しい番組の制作を支援するサービスです。「TokenCastMedia」を活用して制作された番組では、生活者はメディアの視聴を通じて情報を得るだけでなく、デジタルアセットのような価値を受け取ることができるようになります。このサービスを使った番組制作によって、メディアをこれまでの「多くの生活者に情報を一斉に配信する媒体」から、さらに一歩進めて「多くの生活者に価値を一斉に届けることができる媒体」を目指している。

□トークンポケット株式会社について


トークンポケット株式会社は、トークンエコノミーに向けて、スマホで安全に暗号資産を管理できるソフトウェアウォレット&日本初のDappsブラウザアプリケーションアプリ「tokenPocket」、並びに「マイクリAPP」に代表されるWAAS(=Wallet as a Service)として、Dappsやブロックチェーンゲームをシームレスにスマートフォンにおいてプレイできる基盤を提供。

 


公式サイト: https://tokenpocket.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/TokenPocket

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.