仮想通貨取引所Xtheta(シータ)を解説!基本情報や特徴まとめ

仮想通貨取引所としてはあまりメジャーではない「Xtheta(シータ)」。 仮想通貨取引所でありながら、仮想通貨「取次」業という新しいジャンルで事業を展開し、注目を集めています。

2017年5月に設立されたばかりの新しい取引所ですので、まだ世間にはあまり知られていないようです。

そこで、今回はXtheta(シータ)の特徴やメリット、デメリットを中心にまとめてみました。

Xtheta(シータ)の基本情報

参考:https://xtheta.co/

 

会社名 株式会社Xtheta(シータ)
設立年月 2017年5月
代表取締役社長 CEO 武藤浩司 COO 山本仁実
資本金 6,000万円
住所 〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3丁目11-18 郵政福祉心斎橋ビル204
金融庁登録番号 (近畿財務局)第00003号
公式サイト https://xtheta.co/

 

シータは、2017年5月に設立された新しい仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引と聞くと、ハッキング被害などのイメージが強く、不信感を持っている人も少なくありません。

シータは、そういった仮想通貨取引初心者の方や高齢者など、仮想通貨取引をしてみたいけれど自分だけで始めるのは不安だと感じている方のために、「取次業」というサポート体制をとっています。

一般的な仮想通貨取引所では、株などと同じように自分で取引を行いますが、シータでは一人一人に専門スタッフがつき、取引を行ってくれます。

仮想通貨交換業者として金融庁に登録された安心の仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(NEM/XEM)
  • モナコイン(MONA)
  • カウンターパーティー(XCP)

取り扱い通貨は9種類と、国内の取引所ではZaifが15種類と圧倒的に多いですが、その次に多いのがシータになります。

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュのほか、日本で人気の高いリップル、ライトコイン、ネム、モナコインなどの通貨も取り扱っており、これからも増えていく予定だということです。

Xtheta(シータ)の主な機能

参考:https://xtheta.co/service/index.php

 

シータの取引方法は、ほかの仮想通貨取引所とは少し異なる点がありますので、わかりやすく解説します。

仮想通貨取引取次サポート

シータの仮想通貨取引は一般的な仮想通貨取引所で行う取引とは少し違います。 全体の流れは以下のとおりです。

顧客が相談窓口の専門スタッフに相談・購入依頼を行う

専門スタッフは世界から集めた情報をもとに取引所を比較する

比較した情報からレートのいい取引所を選ぶ

顧客に取引の提案を行う

顧客は内容に納得すれば投資を行う(手数料を払う)

 

このように、顧客1人につき専門スタッフが1人つき、世界中から得た情報をもとに最適な取引所を選び、顧客に提案します。

顧客は、内容に納得すれば仮想通貨投資を行い、シータに手数料を払うという仕組みになっています。

手数料は、入金した金額、または仮想通貨の内、5%ということです。 自分で取引を行うとなると仮想通貨取引所を比較したり、いくつかの取引所の口座を開設したり…と手間がかかります。

シータでは、仮想通貨のことを知り尽くした専門のスタッフがレートのいい取引所を選んでくれるため、自分で比較したり口座を開設したりということがありません。

手数料はそれなりにかかってしまいますが、仮想通貨についてまだ知識がないという方は試してみてはいかがでしょうか。

情報・投資プランの提供

参考:https://xtheta.co/service/index.php

シータには英語や中国語が堪能なスタッフが在籍しており、世界中の仮想通貨の情報を得ているため、常に新しい情報を提供してくれます。

さらに、投資プランの提供も行っていて、一人一人の予算に合わせた投資プランを考えてくれるのもありがたいですね。

Xtheta(シータ)のメリット

シータにはどのようなメリットがあるのでしょうか?仮想通貨取引所としての強みを見ていきましょう。

取り扱い通貨数が多い

仮想通貨の種類は1,500以上とも言われています。

そんな中、国内の仮想通貨取引所では一番多いところで15種類と、まだまだ少ないです。

シータは、現在9種類の仮想通貨に対応しており、トロンやネオといった国内では取り扱っていない通貨も今後取り扱いを開始するのではないか?といわれています。

国内で取り扱っていない仮想通貨の取り扱いに意欲的な点は好感が持てますね。

初心者におすすめ

先ほどご紹介したとおり、シータの最大のメリットともいえるのが「仮想通貨取引取次サポート」です。

仮想通貨は、仕組みがよくわかなくて投資を始めるのにためらってしまう人も多いですから、専門のスタッフがおすすめの取引所を選んで、プランを提案してくれるシステムは今後人気が出てくるでしょう。

仮想通貨にあまり詳しくない、または勉強する時間がないけれど投資をしてみたい!という初心者の方には特におすすめの取引所といえます。

セキュリティ対策に力を入れている

仮想通貨交換業者として金融庁に登録されており、きちんとセキュリティ対策も行っています。

  • SSL証明書(国際規準の「Web Trust認定」を取得している)
  • 2段階認証
  • コールドウォレットでの資産管理
  • システムコントロールの分離管理

仮想通貨取引所でセキュリティの面で力を入れているところは多いですが、2段階認証やコールドウォレットでの資産管理などは当たり前になりつつありますね。

SSL証明書も取得しているところは多いですが、シータでは国際基準の「Web Trust認定」を取得しており、信頼度の高さがうかがえます。

Xtheta(シータ)のデメリット

シータがまだまだ普及していないのには、なにか理由があるのでしょうか?今後の成長を期待するためにも、デメリットについて知っておきましょう。

手数料が高い

一番のデメリットとして挙げられるのは、手数料が入金額の5%かかってしまうというところでしょうか。

国内の仮想通貨取引所の手数料はさまざまです。無料のところもあるので、5%は高いと感じてしまうのも無理はありません。

しかし、自分で仮想通貨取引所を選んだり、いろいろな取引所の口座を開設したりといった手間を考えたら、手数料は妥当といえるかもしれません。

仮想通貨取引に慣れてきたら、ほかの取引所で、自分で取引をはじめてみるのもいいでしょう。

まず、初めの一歩として利用するには適した取引所ではないでしょうか。

まとめ

シータは仮想通貨取引所ということですが、自分で売買するのではなく専門のスタッフにお任せして取引をすることができるというのが最大の特徴です。

こういった取引所は珍しく、仮想通貨取引をより身近に感じることができ、初心者の方でも始めやすいですね。

これからも取引できる仮想通貨の種類が増えていく予定ということなので、今後の成長に期待しましょう。

▼仮想通貨取引所の解説記事一覧はこちら

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.