仮想通貨取引所Zaifを解説!基本情報や特徴、事件後の対応まとめ

日本の仮想通貨取引所の中でも大手として知られていたZaif。

しかし2018年9月にハッキング被害に遭い、現在は「株式会社フィスコ仮想通貨取引所」へ事業を譲渡。再出発への準備を進めています。

そんなZaifですが、どんな特徴のある取引所なのでしょうか? 今後どのように生まれ変わっていくのかも含めて、詳しくご紹介します。

Zaifの基本情報

参考:https://zaif.jp/

 

Zaifの基本情報を見てみましょう。

会社名 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
設立年月日 2016年4月12日
代表取締役社長 越智直樹
資本金 3億8,706万円
(平成29年10月31日時点)
住所 〒107-0062 東京都港区南青山5-11-9
金融庁登録番号 (関東財務局)第00009号
公式サイト https://zaif.jp/
公式ツイッター https://twitter.com/zaifdotjp

 

2018年9月のハッキング事件では、ホットウォレットで管理していた「ビットコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」が不正に外部へ送金されてしまいました。

被害額は、日本円で約70億円にものぼっています。 これを受けて、株式会社フィスコ仮想通貨取引所は支援に乗り出し、11月22日に事業の譲渡が完了しました。

補償内容も決まり、新しいZaifとして動き始めています。

✓Zaifのハッキング事件に関するニュース記事はこちら

取り扱い通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ザイフ(ZAIF)
  • カウンターパーティー(XCP)
  • ビットクリスタル(BCY)
  • ストレージコイン(SJCX)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ぺぺキャッシュ(PEPECASH)
  • カイカコイン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • コムサ(CMS)

Zaifは国内の仮想通貨取引所では一番多く、14種類もの通貨を取り扱っています。

すべて現物取引が可能で、ビットコイン・モナコインはレバレッジ取引もできます。

Zaifの主な機能

参考:https://zaif.jp/trade_btc_jpy

 

Zaifは豊富な取引方法が人気です。

どのような取引ができるのでしょうか?

現物取引・簡単取引

先ほどご紹介した仮想通貨・トークンを合わせて14種類の通貨で現物取引ができます。

Zaifでは、ユーザー同士で売買する「板取引」と取引所から売買する「簡単売買」があります。

簡単売買では、対応通貨がビットコイン・モナコイン・ネム・イーサリアムと4種類に限定され、購入する際にスプレッドが発生しますが、Zaifから直接購入するため確実に指定した金額で購入することができます。

板取引は取引画面より「取引」というボタンを押し、自分でユーザーと直接売買をします。

取引にかかる手数料は抑えられますが、思った価格で売買できるかどうかはわからないというリスクがあります。

板取引は、すべての通貨に対応しています。

信用取引

Zaifでは、レバレッジが1倍、2.5倍、5倍、7.77倍から選べる信用取引ができます。

ビットコインとモナコインに対応しており、モナコインは1倍のみ、ビットコインは1~7.77倍が選べます。

追証がないため、マイナスになることがなく、はじめて信用取引をする人には向いているでしょう。

ロスカットは証拠金維持率30%です。 これを下回ると強制決済されてしまいますので注意が必要です。

ビットコインAirFX

ビットコインAirFXは、現物取引感覚でレバレッジ取引ができるシステムです。

レバレッジは、1倍、2.5倍、5倍、10倍、25倍と5種類から選べます。 こちらも追証制度がなく、マイナスにならずに済みます。

少額から大きな資金を動かすことができます。 スワップ手数料が高いため、デイトレーダー向きの取引といえます。

Zaifコイン積立

参考:https://zaif.jp/doc_reserve

 

Zaifでは、「Zaifコイン積立」という積立投資ができます。

毎月一定額が口座から引き落とされ、「ドルコスト平均法」によって積み立てながら投資する方法です。

買うタイミングを考えることや、買う手間を省くことができるため、仮想通貨投資初心者におすすめの投資方法です。

また、リスクを抑えた長期の運用にも向いています。 ※2018年12月現在、積立の口座引き落としは一時中断しています。

Zaifの特徴

Zaifにはどのような特徴があるのでしょうか?

取り扱い通貨が多い

現物取引できる通貨が14種類あり、主要な仮想通貨であるビットコインやイーサリアムをはじめ、日本の仮想通貨取引所では取り扱っているところが少ないネムの取引ができるのが魅力です。

また、トークンの種類が豊富で、中でも仮想通貨を使ったICO(資金調達)とブロックチェーン技術の導入を同時に行うことができるICOソリューションであるCOMSAトークンが取引できることでも話題になりました。

手数料が安い

参考:https://zaif.jp/fee

 

Zaifではすべての通貨で板取引ができることから、手数料が安いというメリットがあります。 「簡単売買」を行う際は、スプレッドが発生しますので注意しましょう。

出金制限設定ができる

所有している仮想通貨を不正に出金されないために、出金できるアドレスを登録することができます。

出金制限をかけると、登録したアドレス以外には送金できなくなります。

Zaifの今後

Zaifはハッキング被害事件を受けて、今後どのような対策を行っていくのでしょうか。

セキュリティの強化

Zaifでは現在以下のようなセキュリティ対策を行っています。

  • コールドウォレットでの資金管理(一部)
  • マルチシグネチャに対応
  • SSL通信
  • ハッシュ関数
  • SMS認証
  • IPアドレス制限
  • 顧客資産と運営側の資産を分別して管理
  • アカウントロック
  • メール通知サービス

これらのセキュリティ対策を行っていても、ハッキングの被害に遭ってしまいました。

ハッキングの原因は、「資金をホットウォレットで管理していたため」ということです。

実際にホットウォレットで管理していた、3種類の通貨(ビットコイン・モナコイン・ビットコインキャッシュ)が流出しました。

Zaifは今後セキュリティの強化やサーバーの再構築を行うということなので、これからに期待しましょう。

まとめ

Zaifは大手仮想通貨取引所として有名でしたが、ハッキング被害事件を受けて現在はフィスコに事業を譲渡して再出発しています。

取引所としては、取り扱い通貨数も多く、「Zaifコイン積立」や「ビットコインAirFX」などオリジナリティのある取引ができることから人気もあります。

セキュリティ対策はしっかりと行っていたものの、オンラインで管理していた仮想通貨が狙われてしまったということなので、仮想通貨は購入したらコールドウォレットで自らしっかり管理するようにしましょう。

そうすれば、ハッキングの被害を気にすることなく、取引所を安全に利用することができます。

▼仮想通貨取引所の解説記事一覧はこちら

コメントを残す

About us

ブロックチェーン関連のサービスを提供するWorldgo株式会社のメディアブランドとして、2018年に設立。ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や各種データなどを総合的に発信するメディアサイトです。ブロックチェーン技術の発展と普及が、新たな時代の創出につながるという確信を込めて、サイト名を「Chain=ブロックチェーン」「Age=時代」としました。

世界各地のニュースに加え、専門家によるコラムや、有識者へのインタビュー、人物ルポなど、多角的な発信形式で、日々刻刻と変化するブロックチェーン業界の情報をお伝えしてまいります。我々の発信する情報が、仮想通貨およびブロックチェーンに対する正しい認識を世に広め、新たな時代のけん引力となることを願ってやみません。

 ©︎ ChainAge All Rights Reserved.